FC2ブログ

    スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    雨の中の練習試合から学べることの巻

     2017-10-29
    本日10月29日(日)午前中、熊野中グランドにおいて、熊野中さんと
    大河ユースさんと三つ巴で、練習試合をさせていただきました。
    両チームの皆さん、またグランドを利用させて頂いた熊野中学校さん!
    ありがとうございました。
    午後からは天気も回復し晴れたことを考えれば、雨の中での練習試合は
    少し残念な気もしますが、ピッチの状況によって攻め方や守り方が違っ
    てくるサッカーにおいて、良い練習ができましたね。ただ雨が降れば
    泥遊びを思い出し、理屈なく楽しいという選手も何人かいました(笑)。
    熊野中2018.10.29

    さて、環境に対応することはとても重要です。少し掘り下げてみますね。
    「進化論」で有名なダーウィンは…こんな事を言っています。
    「最も強いものが生き残るではなく、また、賢いものが生き延びるのでも
    ない、唯一生き残るのは、変化できるものである」と。
    サッカーもそう。グランドが土の時や芝生の時、それも人工芝や天然芝、
    そしてグランドの状況や天気の状況、風や太陽の位置、そして対戦チーム
    の攻め方や守り方の特徴やパターンなどなど、試合をする環境や対戦する
    チームによって試合の進め方や意識することを変える=変化できるかが、
    重要になることもあるのでしょう。ダーウィンの言葉をサッカーに言い換
    えれば「最も強いチームが勝つのではなく、その場その時の状況や環境に
    しっかり対応し変化できたチームが勝つ」と言えるのかもしれませんね。
    例えば、今日の雨の中、雨だからこそのサッカーの仕方を学びましたね。
    止まるボールだけでなくはねて伸びるボール。対戦するチームも基本的に
    同じ条件&環境で試合をする。その条件や環境に対し、一早く対応=変化
    できたならば、強いチームに勝てる事もある。正確に言えば「強いチーム
    が勝つのでなく、勝ったチームが強い」が正しい言い方であり事実となる。
    このことは、これから進学や就職して社会に出てからも、自分が置かれて
    いる環境の中で何ができるかの良い経験になるでしょう。好むと好まざる
    をえず自分が置かれた環境の中で何ができるか、そのことの繰り返しです。
    時に逆境や向かい風のこともあるでしょう。でも、そんな時、前を向ける
    のか、後ろを向くかによって大きく人生も変わってくるでしょう。雨の中
    というコンディションでも、果敢にゴールに向かっている君たちを見てて
    そんなことを感じたセンチなおっさんでした。

    追伸:おっさんも50を過ぎると、段々説教じみてきます。しかしながら、
    今日書いた教訓めいた内容は、おっさんの日々の仕事の中でも、いつも
    問われていることです。さー!私も置かれた環境の中で今日の君達の雨
    の中の戦い方も参考に、明日からの雨模様の仕事の中でも、あきらめず
    チャレンジします。私にそう思わすだけでも君たちは価値があるのです。
    是非、サッカーを通じて、色々なことを感じる感性を育んでください!




    スポンサーサイト
    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://marit55.blog.fc2.com/tb.php/405-a93f0de6

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。