スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    ◆ 県選手権の結果

     2015-08-25
    2015年8月23日(日) 県中央森林公園にて 県女子サッカー選手権 1回戦
    対 青崎HANAKO 戦 が行われました。

    結果は、1-4 の1回戦 敗退。と大変厳しい結果となりました。

    新チームになってここまで、県リーグを含め公式戦は、
    U-15県予選1回戦 対ベラトリクス戦での1勝のみで、残り全敗 という状況。

    選手・関係者とも、どうしたら勝てるのか?
    糸口が掴めない状況に陥っているのではないでしょうか?

    身勝手な私観で申し訳ないのですが・・・
    攻め、守り、それぞれにおいて、何かひとつに集中して徹底してやり抜いてみる
    そこから何か突破口はないかな???と考えます

    以前、ブログでも紹介しました。
    某高校のサッカー部顧問の先生のことば・・・

    「弱者には弱者なりの戦い方がある」

    その1例として・・・・・

    先日6月に行われた ワールドカップアジア二次予選
    日本 VS シンガポール 戦

    日本はFIFAランキング50位前後、シンガポールは150位前後
    これだけの力量差がありながら、しかもホームゲームで、結果は・・・
    0-0 のドローです。

    ボールポゼンションは、日本65%、シンガポール35%
    シュート数は、日本23本、シンガポール3本 という内容です。

    それでも結果は、引き分け。W杯予選なのでPK戦こそありませんでしたが
    もし、PK戦があったとしたら、シンガポールの勝利の確率はさらに高まっていたと思います。

    この試合などは、「弱者の戦い方」の一例でしょう。

    また、1994年アトランタオリンピックで 「マイアミの奇跡」と呼ばれた
    日本 VS ブラジル 戦
    この試合は、1-0 日本の勝利です!
    シュート数で、ブラジル28本に対して、日本はわずか4本。そのうちの1本が1点に繋がったわけです。
    しかも、大変どろくさい、決してシュートとは言えない感じのゴール。
    でも、それが決勝点なのです・・・・。
    当時のメンバーは、今、バラエティによく出てる前園、レジェンド=中田ヒデ、守護神=川口能活、
    サッカー解説でおなじみのFW=城 彰二、今は亡き(故人)DF=松田直樹、などなど
    サンフレからも、路木竜次、福山松永高校のルパンの愛称=上村健一、皆実高校出身=下田崇がメンバー入りしていました。
    対するブラジルも U-23といえども 超豪華メンバー。
    今のマリットの選手は、解んないかもしれませんが、 リバウド、ベベット、ロべカルことロベルト・カルロスといったメンバーに
    日本が勝利したんです。これが「マイアミの奇跡」
    日本を指揮したのは、のちにガンバ大阪を長きにわたり指揮しJリーグ歴代最多勝利監督となった名将=西野朗 監督。
    ブラジルから大金星を挙げたにも関わらず、当時のJAFのゲームレポートでは、
    「守備的なサッカーで将来につながらない」と厳しい評価を下されたという・・・・・

    でも、これも弱者の戦い方として、「あり」の一例だと思います。

    今の自分にできる事は何か?今のマリットにできる事は何か?
    できる事を着実にやりきる!
    そこから、何か突破口が開けてこないだろうか・・・・

    時間があれば、シンガポール戦、「マイアミの奇跡」
    それぞれの試合から、彼らがゲームの中で、何をやろうとしていたのか?
    何を徹底していたのか?
    そういった視点で、ゲームを見直して見るのも、何かヒントがあるかもしれませんね

    「マイアミの奇跡」


    「6/16 アジア2次予選 シンガポール戦」









    スポンサーサイト
    タグ :
    コメント












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:

    http://marit55.blog.fc2.com/tb.php/342-13faa2a1

    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。