◆ おかげさまで、30,000カウント突破!

     2015-08-27

    2012年11月にスタートしました本ブログですが
    おかげさまで、今月、30,000カウントを突破しました。

    2013年10月に20,000カウント突破して、
    1年に10,000カウント強のペースで進行しております。

    このブログも少しはマリットの知名度アップに貢献できてるでしょうか?

    でも、一番の貢献は、やはり、マリットの各選手が
    活き活きとした表情で、より充実した選手生活が過ごせること
    それにより、ゲームにおいても、満足がいく結果が残せること・・・かなと思います

    選手の活き活きとしたプレーや態度は、
    見る人の心をひきつけますよね・・・
    自然と、周囲の支援や、次世代のジュニアの注目も集められると思います。

    そのためのサポートに微力ながらでも貢献できるよう
    引き続き尽力して参りたいと思います。

    このところ、結果が出ななくて苦悩中のマリットですが、
    こういう時こそ、試行錯誤し、苦労してスランプから抜け出す事が出来れば
    大きな力となって帰ってくると思います。

    特に、今期は最高学年=LAST YEARの選手比率が高い年なので
    悔いのない日々を送ってほしいと切に願います。


    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆ 県選手権の結果

     2015-08-25
    2015年8月23日(日) 県中央森林公園にて 県女子サッカー選手権 1回戦
    対 青崎HANAKO 戦 が行われました。

    結果は、1-4 の1回戦 敗退。と大変厳しい結果となりました。

    新チームになってここまで、県リーグを含め公式戦は、
    U-15県予選1回戦 対ベラトリクス戦での1勝のみで、残り全敗 という状況。

    選手・関係者とも、どうしたら勝てるのか?
    糸口が掴めない状況に陥っているのではないでしょうか?

    身勝手な私観で申し訳ないのですが・・・
    攻め、守り、それぞれにおいて、何かひとつに集中して徹底してやり抜いてみる
    そこから何か突破口はないかな???と考えます

    以前、ブログでも紹介しました。
    某高校のサッカー部顧問の先生のことば・・・

    「弱者には弱者なりの戦い方がある」

    その1例として・・・・・

    先日6月に行われた ワールドカップアジア二次予選
    日本 VS シンガポール 戦

    日本はFIFAランキング50位前後、シンガポールは150位前後
    これだけの力量差がありながら、しかもホームゲームで、結果は・・・
    0-0 のドローです。

    ボールポゼンションは、日本65%、シンガポール35%
    シュート数は、日本23本、シンガポール3本 という内容です。

    それでも結果は、引き分け。W杯予選なのでPK戦こそありませんでしたが
    もし、PK戦があったとしたら、シンガポールの勝利の確率はさらに高まっていたと思います。

    この試合などは、「弱者の戦い方」の一例でしょう。

    また、1994年アトランタオリンピックで 「マイアミの奇跡」と呼ばれた
    日本 VS ブラジル 戦
    この試合は、1-0 日本の勝利です!
    シュート数で、ブラジル28本に対して、日本はわずか4本。そのうちの1本が1点に繋がったわけです。
    しかも、大変どろくさい、決してシュートとは言えない感じのゴール。
    でも、それが決勝点なのです・・・・。
    当時のメンバーは、今、バラエティによく出てる前園、レジェンド=中田ヒデ、守護神=川口能活、
    サッカー解説でおなじみのFW=城 彰二、今は亡き(故人)DF=松田直樹、などなど
    サンフレからも、路木竜次、福山松永高校のルパンの愛称=上村健一、皆実高校出身=下田崇がメンバー入りしていました。
    対するブラジルも U-23といえども 超豪華メンバー。
    今のマリットの選手は、解んないかもしれませんが、 リバウド、ベベット、ロべカルことロベルト・カルロスといったメンバーに
    日本が勝利したんです。これが「マイアミの奇跡」
    日本を指揮したのは、のちにガンバ大阪を長きにわたり指揮しJリーグ歴代最多勝利監督となった名将=西野朗 監督。
    ブラジルから大金星を挙げたにも関わらず、当時のJAFのゲームレポートでは、
    「守備的なサッカーで将来につながらない」と厳しい評価を下されたという・・・・・

    でも、これも弱者の戦い方として、「あり」の一例だと思います。

    今の自分にできる事は何か?今のマリットにできる事は何か?
    できる事を着実にやりきる!
    そこから、何か突破口が開けてこないだろうか・・・・

    時間があれば、シンガポール戦、「マイアミの奇跡」
    それぞれの試合から、彼らがゲームの中で、何をやろうとしていたのか?
    何を徹底していたのか?
    そういった視点で、ゲームを見直して見るのも、何かヒントがあるかもしれませんね

    「マイアミの奇跡」


    「6/16 アジア2次予選 シンガポール戦」









    タグ :

    ◆ いよいよ県選手権!

     2015-08-21
    昨年の土砂災害から1年が経ちました
    犠牲になれれました方々のご冥福を改めてお祈り申し上げます。
    また、被災者みなさまの真の復興を心より祈念申し上げます。

    今週末は、いよいよ県選手権が始まります。
    残り、タイトル戦は、残すところ僅かとなってきております。
    ここまで、各大会、リーグ戦とも苦戦を強いられているマリットですが
    選手・指導者・サポーターの思いとして
    これまでの取り組みが、何とか結果として現れて欲しいと願うばかりです。

    最近、子供につられて、NKHのスポ根アニメにはまってるのですが・・・
    テニスの錦織選手の活躍の影響でしょうか?
    テニスを題材にしたアニメです。

    ワールドベースボールクラシックで日本が優勝した時期は
    吾郎が主人公の「メジャー」が大ヒットしましたね

    最近では、「ハイキュー」ってバレーのアニメも
    この夏は映画化されてんのかな?
    一時、大人気のバレーも今や特に男子は部員不足みたいですね
    安佐中からも、あの世界の猫田選手を排出している、
    バレーの古豪ですが・・今は、安佐南、城南などが県下では強いですね
    でも、このアニメ人気で少なからず盛り返してきてるようですね

    先日のニュースでは、自転車部のアニメ「弱虫ペダル」ってのが
    ブレイク中とか・・・

    サッカーアニメも、「キャプテン翼」を筆頭に、いろいろありますが
    いまいちTV化、映画化はぱっとしませんね?なぜでしょう?
    「ジャイキリ」も中途半端に終わっちゃったしね・・

    話は、もとに戻るのですが・・・アニメの主題歌が
    ストレートな詩ですが、元気が出る いい曲だなぁ と思ってます

    県選手権に向けて、選手の気持ちがこの曲で高まるといいかなと思い
    紹介しますね!

    Believe in yourself
    阿部真央

    TVアニメ『ベイビーステップ』OPテーマ

    作曲︰阿部真央
    作詞︰阿部真央

    歌詞

    やれるだけやり切ったかなんて自分しか分からない
    だから自分に嘘つくな 自分にはズルするな

    誰かと自分を比べるよりも
    己を誇れる人になりたい
    自分を投げ出さず生きた今日を
    褒め続けられる日々を送ろう

    君にしか分からなくたって楽な道は選ぶな
    最後に報われるのは逃げずに居た君自身だから

    バカにされる事はあってもバカにだけはしない事
    いつの日も慎ましくあれ 気高く命燃やせ

    結果ばかりに目を向けるよりも
    歩んだ道のりを見つめてたい
    自分を諦めず生きた日々を
    悔いなく終わる命でありたい

    思い通りにならない日も無駄にだけはしないで
    大事なのは君が君を最後に認めてやれるかだ

    休んだっていいさ また前を向けるなら
    確かな一歩を踏みしめて行こう 君が掴むのさ

    君にしか分からなくたって楽な道は選ぶな
    最後に報われるのは逃げずに居た君自身だから

    …Believe in yourself








    タグ :

    ◆ 県リーグのフジタベンチには・・・・・

     2015-08-04
    2015年8月2日の県リーグ

    対戦相手のフジタのベンチに掲げられていた「20」番のユニフォームに
    お気づきの方はおられましたでしょうか・・・・
    2015-8-3-1.png
    そう、フジタの「20」は、Mahoがつけていた番号です。
    2015-8-3-2.png

    先日、49日の法要をされたとお知らせいただいておりました。

    この間の女子ワールドカップでも、負傷欠場の安藤選手のユニフォームが
    常にベンチで掲げられて・・(くまのぬいぐるみが着ていたかな)
    不在の選手とともに、選手が戦っている姿が報道されていましたね

    フジタレディースも、常にMahoと共に、闘っているのですね

    2015-8-3-4.png

    Mahoは、ジュニア時代には、マリットでもプレーしていました。
    共にプレーした選手は、もうHinaしか残っていないけど
    いつまでも、彼女の事を忘れず、心のどこかで、共に闘ってほしいと願います。

    Mahoがいた頃の懐かしい写真。そうそうたる顔ぶれですね。2013年新春のフジタ杯にて・・・
    タグ :

    ◆ 県リーグ 第5節 フジタレディース戦

     2015-08-03
    2015年8月2日(日)吉田サッカー公園にて、県リーグ第5節 フジタレディース戦が行われました。

    先週からの猛暑日が続く中、県北とはいえ人工芝のピッチは
    相当なる体感温度の状況でのゲームとなりました。

    また、今回は、Norika、Miki、Mana、Yuuriと4人を欠くメンバーでの布陣。
    Hijiriさんを含め10人という体制でのゲームとなりました。
    2015-8-2-1.png
    (今日は運営もマリット=線審は1年生が担当してくれました)
    2015-8-2-2.png
    人数は少ないながらも、ベンチには今回はKamanoコーチも入っていただき
    心強いサポートを得ることもできました。
    2015-8-2-3.png
    (今日のGKはいつも笑顔が素敵なSaki)
    2015-8-2-4.png
    2015-8-2-5.png
    2015-8-2-6.png

    相手は、フジタさんという事で、経験では勝ち目ないので
    若さ!で勝負!といきたかったのですが・・・・
    2015-8-2-7.png
    2015-8-2-8.png
    早々と、遠目からのシュートを決められ、早くも劣勢に・・・・
    やはり、数的不利とこの灼熱のコンディションもあって
    むしろ、マリット側に選手の消耗が目立つように・・・・
    2015-8-2-13.png
    この後もコーナーのセットプレーなどからも失点を重ね
    前半でかなり点差を広げられました

    途中、Rinをサイドハーフから、センターバックにポジションチェンジし
    3バックから4バックにシステム変更をしてからは
    なかなか良くはなってきたのですが・・・・
    2015-8-2-14.png
    ハーフタイムには、体調不良を訴える選手も出てきて
    流石に、この天候ですから、無理は禁物ということで
    後半は、更に選手を休めて、9人で挑むことになりました。
    2015-8-2-12.png
    kmanoコーチからの、サイドのスペースにボールを供給し、
    トップのHinaを走りこませることでチャンスは作れるとの指示を徹底してくことで
    幾度か、マリットも得点機を作ることができましたが・・・残念ながら得点には至らず。
    2015-8-2-9.png

    しかし、Hinataのラインコントロールの気配りのアドバイスが機能し
    後半は、多くのピンチをオフサイドで切り抜けることもできていました。
    2015-8-2-10.png

    大量失点で完封負けではありましたが
    次に繋がる、収穫のあるゲームになったと思います。

    Moeka、TomoyoのDF陣の相手選手へのアプロ―チについても、
    後半は再三、Kamanoコーチの「Good!!」の声が出ていたと思います。

    攻撃陣は、スペースに出たボールをサイドからゴールにつなげる術が
    今後の課題となるかな??

    守備陣は、後半機能したオフサイドトラップも、一歩間違えば一対一の決定期を与えてしまう紙一重の面も・・
    ラインコントロールだけに頼るとリスクも大きいので・・・
    ボールの位置に応じてのDF間でのカバーリングの意識も必要かと感じます。
    このあたりのバランスは、とっても難しいとは思うのですが、
    逆にDFの醍醐味でもあると思うのです。

    そのあたりも含め、8/5 沼田運動公園でのジュニアユースとの合同練習は
    Kamanoコーチからも、「頭を使ったトレーニングを・・」とのことで
    普段、マリットのみではできない練習メニューを考えてくださってる様子でした。

    ぜひ、この試合の教訓を、練習に反映し、県リーグ次節や県選手権の結果につなげていきましょう。

    なかなか勝てていない中、みんなのモチベーションも心配ですが
    ひとつひとつチームとして、できることが増えていくと、それは喜びや自信に繋がると思うので
    毎日、めちゃ暑いけど、勝利目指して、暑さにめげず ビルドアップしていきましょう。

    2015-8-2-11.png
    安佐中 師妹対決は、Ueda先生の圧勝!! 流石の貫録を見せてくださいました。Hina完敗でしたね

    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫