◆ いよいよGW突入 U-15予選間近 自身を磨こう!

     2015-04-29
    いよいよGWに突入ですね

    多くのチームがこの間遠征や、大会で実践トレーニングを重ねていきます
    いろんな意味で多くの時間が各選手には与えられます。
    ゲームや、チーム練習など与えられたメニューをこなす中で得られる力ももちろんですが
    自分で考え、自分に必要なものは何かを、自身で追い求め、得られるものは
    また、特別な力につながると思います

    元女子日本代表のキャプテンを務めた池田(旧姓磯崎)選手の話・・・

    当時の上田監督の「堅守速攻」のサッカーから、
    新監督の大橋監督に変わり、代表選手に求めたのは、「個人の力を上げる事」
    ●ヘディング●スライディング・・・・・球際の執着の徹底!
    「しっかりボールを回して攻めるサッカー」への転換
    そのために徹底して求められたのは「個人の力」をアップさせること

    「自分達がしっかりボールキープできれば(ボールポゼッションが高ければ)、
    相手にボールをさわられることもないので、ボールを持っている=ディフェンスしなくていいってことになる」
    そういう事の重要性を学んだと語っています。

    みんな持っている時間は、同じです。それはhanakoの選手も、アンジュの選手も、ツネイシやTAM-Sの選手も
    24時間はみんな平等。持っている時間を如何に使うかは、人それぞれ・・・
    多くの時間を充てても中身がなければ効果は小さい・・・
    少ない時間でも、質の高い内容なら効果は上がる・・・
    その両方をバランスよく 効率的に カバーリングしていく必要がある
    とくにマリットの場合は、量的にカバーするには なかなか他と距離を縮める事は難しい
    「質」的にあげて行かないと差を縮める事は難しいと思う
    与えられた時間を、より「質の高い」準備を重ねていきましょう

    GWを有意義に、個のレベルアップにつなげていこう

    (基本的なターン)

    (エラシコのわかりやすいやり方)

    (キックフェイント)

    (利き足を活かしたドリブル、ターン*TOP画面きにしないで内容は良)





    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆ 経済大でトレーニング

     2015-04-26
    2015年4月25日 経済大フットボールパークにて、経済大女子と一緒にトレーニングを行いました。

    経済大も昨年まで、選手ひとり指導者ひとりという状況で頑張ってこられてましたが、きょうの練習には、新しい顔が二名見られ、少しずつですが、メンバーが厚くなりつつあるようです。



    マリットも、今日はジュニアのメンバーも参加し少しいつもより賑やか。

    そして嬉しいことに、怪我で離脱していたmoekaの姿がピッチに見られました。

    まだ完璧ではないのか?みんなとは別メニューでしたが、黙々とボールタッチやランニングをこなしていました。



    hijiriさんの話では今年は手違いで恒例のニューフェイスカップ(新人戦)が無いそうです。

    そうなると、U-15は県大会まで、他チームの情報は多くは入らないと思います。

    ある意味、先入観を持たず相手に挑むことはいい面もありますが、傾向と対策を持たずに漠然と試合を迎えると散々な結果に終わります。

    先日の県リーグ、文教高校戦は、試合前にある程度の傾向と対策を思考し準備し意識的なプレーができたため前半粘りを見せることができたと思います。

    U-15県大会に向けて、日々のトレーニングにおいて、いかに、対 青崎 対アンジュ 対ツネイシ 対タムズ を意識し、自分達のプレースタイルを確立するか?

    意識的に考えながらトレーニングに挑まなければ・・・・・
    厳しい結果になると思う。
    そうでなくてもマリットのたち位置は厳しい。
    ジャイキリ-ジャイアントキリングを起こそうや!

    毎日の積み重ねです

    良いこと思い、よい行いを重ねる

    そうすれば、良いことが訪れます!

    ガンバロ


    タグ :

    ◆ 高校総体予選 観戦

     2015-04-26
    2015年4月25日 工大高校に男子高校総体予選 工大高校VS祇園北の試合を観戦に行って来ました。

    この試合の勝者が県大会進出となります。


    序盤、五分五分の拮抗したゲームでしたが、後半早々に工大高校がコーナーキックからゴールを割り先制。
    その後も工大高校が押しぎみに展開。


    その後も追加点を決められ。
    2-0で工大高校が勝利。



    祇園北は、GK キャプテン黒瀬くんがPKを止めるなど、多くのピンチを凌いだが好機に恵まれなかった。

    個人的には 、工大高校のボランチで
    キャプテンの選手の声かけ、統率力に目がいきました。なかなかいいチームですね。



    祇園北はもう少し泥臭さ力強さが欲しいと感じました。足りないものを何でカバーできるか?選手権に向けて、心機一転頑張って欲しいです。

    各チーム、前回観戦でも触れましたが、ベンチ組から最後にレギュラー組を脅かす、不器用でもハートの熱い、ゲームのムードを一転するような選手が、不断の努力の蓄積を開花させのしあがってくる事、期待してます!





    タグ :

    ◆ 県リーグ開幕戦の結果

     2015-04-21
    2015年4月19日 揚倉山下Gにて県リーグ開幕戦の文教女子高校とのゲームが行われました。

    ゲーム開始直後はまだ雨もなんとか気にならない程度でしたが、後半はかなり激しい雨模様のなか、選手たちはずぶ濡れになりつつも、懸命なファイトを見せてくれました。

    今日のゲームには、レヴァリーズより釜野コーチもベンチ入りし試合前のアップから、今日のゲームのポイントとなるディフェンスを中心に、きめ細かなアドバイスを選手たちに投げ掛けておられました。

    結果は、0-8 と惨敗に終わりましたが、前半の35分は、0-2で折り返し、随所に好守備をみられ、粘り強い守りを見せてくれまぢたし、この試合、唯一と言ってもいい、シュートまで持っていく場面もありました。

    後半は雨も厳しくなり、集中力も落ちてきたのか徐々に失点を重ねてしまいました。

    しかしながら前半見せてくれた粘りは、今後のマリットの試合に十分に活かせる経験になったと思うし、可能性を感じさせてくれるプレーを見せてくれた。

    もう少しこうしたゲーム、ゲーム中の意識を身につけて、経験を重ねれば、より組織的に動けるようになっていくと感じます。

    1年生は、まだ高校や社会人相手のゲーム経験がほとんどないにも関わらず、懸命にボールをおいプレーしてくれました!

    また、shihomi,nuchika,koromoなどOGはじめ多くの方々が雨のなか応援に足を運んでくださいました。

    hijiri監督も、怪我で選手が少ないため、ゲームに出場し、身体を張ったプレーで選手たちを鼓舞してくださいました。

    多くの方々の支援にこたえるにふさわしい前半の粘りだったと思います。

    対戦相手となった。先輩のnao,kannaには後輩たちのプレーはどのように写ったのでしょうか?
    是非、感想やアドバイスを聞かせて欲しいな・・・・

    ひとまず結果報告です。

    また、写真など含めレポートしますね。


    タグ :

    ◆ 週末いよいよ県リーグ開幕

     2015-04-15
    今週末は、いよいよ県リーグ開幕ですね。
    初戦の開幕カードは、いきなり文教女子高校との一戦。

    かなり苦しい試合になりそう・・・

    先日のおしひめ交流戦や、経済大でのトレーニングマッチでも、気になる点は失点の多さです。
    特に集中力が切れてからの、粘りが昨シーズンも課題だったと思います。

    特に今期から試合時間が35分ハーフに延長されています。スタミナ切れも、集中力が切れる大きな要因になりそう。

    また、序盤に大量失点してしまうと、気持ちを持続させることも大変になってくるから、失点をいかに押さえていくかは、初戦の大きなポイントになると想像します。

    どこのエリアでは、ある程度相手に自由にボールをポゼッションさせてもいい。

    しかし、このエリアでは絶対に自由にボールを持たせない!

    といった、メリハリを利かせて、
    絶対に自由にボールをコントロールさせないエリアでは
    相手が根負けするくらい、いやらしく、粘り強いマークを徹底していくなど、相当な覚悟をもって挑まなければやられてしまう

    昨夏、コパコカに参加した選手たちは、あのときの経験を、今一度、思い出して欲しい!

    数的不利で、かつ男子相手、しかも相手も得失点差で順位に影響するために女子相手でも容赦ない攻撃を仕掛けてくる相手に、・・・・

    みんなで話し合い、声かけあって、失点重ねても励ましあい、けっして諦めず、最後まで全力でボールを追いかけた、あの経験を・・・・

    あのときのような気持ちで全員がプレーできれば、チャンスは生まれると思う。

    あのときだって、頑張って、得点こそ叶わなかったけど、natsukiのシュートまで、もってくことができたし、君たちひたむきなプレーが会場の観客を引き付けてた・・・・

    しっかり守って、耐えて、わずかなチャンスを待とう!
    チャンスが来たら、なんとか相手ペナルティエリアに飛び込もう!
    ペナルティエリアに持ち込めたら、
    おもいっきり前に突破しよう!
    さすがにペナルティエリアでの激しいチャージは、下手すると、ファウル→即PKとなる可能性が大きいので軽率には絡めないはず・・・

    弱者には弱者なりの戦いかたがあります。

    相手にとって、どうされるのが嫌なのか?
    すべてをカバーできないなら、どこに注力し、どこを切り捨てるのか?

    しっかり頭で考え、しっかり準備して、
    自分達に少しでも有利な展開にいかに持ち込めるか?
    残りの練習時間を有意義に使って欲しいな

    みんなの粘りを期待してます!

    皆さん、日曜日は揚倉山下グランドに是非とも応援にきて選手を後押ししてください!

    タグ :

    ◆ 男子 高校総体予選はじまる

     2015-04-14
    2015年4月12日 昨日からいよいよ開幕の男子高校総体予選に足を運びました。

    市工業で行われた 賀茂ー祇園北のカード
    拮抗したゲームでしたが、前半ペナルティエリアで倒された祇園北がPKを獲得するも決めきれず0-0で折り返す。
    流れは幾分か祇園ペース、後半も押しぎみな中、祇園北9番のシュートがゴールネットをゆらし待望の先制点。
    結果、そのままホイッスルとなりました。


    会場には、今春転勤で異動された森田前監督の姿も・・・
    先日まで熱心にご指導されていた教え子の姿をどのように見つめておられたのでしょうか・・・

    高校総体予選はリーグ戦かですが、早いチームではもうこの4月には敗退が決まり引退する選手も・・・・

    多くの選手が、選手権まで続行か引退か苦しい選択となるのでしょう

    レギュラー組とそうでない立場と
    また思いも違うでしょう

    それぞれの事情や立場でそれぞれの選択があり、どれが正解でどれが不正解かなんて誰も評価できない

    自分にとって、自分の出した答えが
    正解になるよう、選んだ道を悔いなく精一杯進んでいただきたい。

    やり残したならトコトンやりとうしたらいい
    やりきったなら、きっぱり新たな目標に突き進めばいい。

    いずれも、自分の進むべき道、目的地はしっかり見据えておく必要があるね

    どこに進んだらいいかわからないと立往生しちゃうから・・・

    頑張れ、高3生!
    特にベンチやベンチの外で悔しい想いをしている君たち!

    悪あがき、大いに結構!
    最後の自分の力を、悔いなくすべて出しきって、わずかなチャンスを必死につかみにいってほしいです!
    応援してます!




    タグ :

    ◆ 府中カップ おしひめ前夜祭 新チームで参加!

     2015-04-12
    2015年4月12日(土) 府中市中須グランドにて
    おしひめ前夜祭 府中カップに 新チームで参加しました。

    府中のおしひめカップは、桜散るこの季節の風物詩ですね
    ここ2年は、前夜祭のみの参加で、お祭りに参加できてないのがちょい残念ですね!

    会場の桜はすでに葉桜ですが、グランドの川を挟んだ向かいの山には
    山桜があちこちに見られます
    2015-4-12-5.png
    この中須グランド、私が小学生のころも、いろんなスポーツ大会でお世話になった懐かしのグランドです

    今日は、新メンバーも、自前のユニでの参加! 初々しい
    試合前の、お決まりのマリットコールも、伝授!!
    ちょっとたどたどしいかな?
    2015-4-12-8.png

    今年から、県リーグは、35分ハーフになるそうで
    本カップ戦も、それを見越して、35分ハーフでゲームが行われました
    2015-4-12-7.png

    2015-4-12-3.png

    2015-4-12-6.png

    1年生も主戦力として大活躍!!
    2015-4-12-4.png

    2015-4-12-9.png

    11、2、番のユニをみると、あれNichika? Shihomi来てた? 
    ついつい、先輩の姿と重なってしまうのですが・・・
    今日の活躍ぶりを拝見すると、徐々に、自分の番号にしていってくれるものと思います!

    今日は、配車が台数不足もあったのですが・・・
    選手同士の交流も兼ねて、久々のバス移動 
    その甲斐あって、1年生もだいぶチームに溶け込んできたかな!?
    (よくみると3年生ばっか、前面にきとるね~

    2015-4-12-10.png

    試合結果は、なかなか厳しいものがありましたが
    今のうちに、いろんなことにトライして、何が出来て、何を修正しないといけないか?
    楽しいことも大事であるけど
    結果を出したいなら、1戦1戦を、大事に、目的意識をもって 取り組まないと
    大事な大会は、すぐやってきます。

    TAM-S、バイエルン、アンジュ、hanako,もしかしたら大河、熊野と
    U-15は、かなりの激戦になると思います。
    決してマリットは、いい位置にいるとは言えない
    力不足を何で補うか?経験不足をなにで フォローするか?
    考えて、頭を使って、壁を乗り越えないと・・・・・
    2015-4-12-1.png
    このポーズ・・・ 「OK」=まかせとけ! であってほしい 「あちゃ~」にならんようにね!


    2015-4-12-2.png
    Go!! Hijiri-マリット!! 


    タグ :

    ◆ そろって定年(祝)! 広島女子サカ 重鎮のお二人!!

     2015-04-09
    今年の春で、広島県女子高校サッカー界を長年牽引してきた指導者の方が
    定年を迎えられました。

    今日の毎日新聞の朝刊に
    そのお二人の退職記念の祝賀会が、教え子や関係者が集まり
    市内のホテルで開かれたとの記事が・・・

    2015-4-9.png


    お一人は、沼田高校の高田先生

    マリットもたくさん練習試合でお相手頂いたり
    選手へも気軽にお声掛け頂いたり
    マリットの保護者の懇親会にも参加いただいたこともありました
    また、現マリット監督のHijiriさんの恩師でもありますね

    もうお一人は、祇園北高校の奥村先生

    最近では対戦も減りましたが、おなじく練習試合等でお世話にありました。
    今は、アンジュヴィオレ監督として、マリットOGのIkumiちゃん、Saiちゃんは
    直々にお世話になっていますね
    個人的には、かつて同じ職場で大変お世話になり、転職後もいろんな場面で
    優しくお声掛けいただき、子息も高校でお世話になりました。

    まだ女子サッカーが今と比べものにならないほど
    マイナースポーツだった時代から、ずっーと指導され
    対戦相手が少ない中、また予算や、高体連など組織的にも貧弱な時代に
    対戦相手や大会参加のため、遠くの県外へ生徒を引率されて遠征に参加されたり
    今日までのご苦労は、人知れぬものがあったこととお察しします

    記事によりますと、今後も更なる広島女子サッカーの発展に
    力を注がれる意欲満々とのことで
    非常に心強く感じます。

    マリットの選手も、こうしたパイオニア(開拓者)のご尽力のもとに
    今の自分たちが、サッカーができてる環境があることを
    知っていただきたいですね。

    そして、試合会場でお二人の姿を見かけられたら
    是非、大きな声で「あいさつ」して、もう一歩踏み出して
    いろいろお話を聞いたりできるといいと思います。

    お二人とも、とても気さくで素晴らしい方です。
    あらためて、お二人のご功労に感謝と敬意を表したいと思います。


    タグ :

    ◆ マリット新チームのスタート・・・

     2015-04-08
    いよいよ4月からマリットも新体制でスタートとなります。

    新たに中1生を迎えることに加え、ジュニアも入団生があり

    日々の練習は、より幅広い世代で共にトレーニングを行う事になります。

    当然、世代間や、プレー歴により、個々の技術レベル・身体能力に

    差がある中でのトレーニングになり

    どのレベルに照準を合わせ、組み立てていくかなどは

    指導する側はもちろん、向上心の高い選手にとっては

    気持ち的にもバランスを保つのは難しい事があると想像します。


    しかし、そこで選手達に考えて頂きたい事は

    直接、自身のプレーに反映するトレーニングだけに目をやるのではなく

    間接的、ここで言いたいのは、後輩や同期の選手へのアドバイスや教える行為を通して

    自身のプレー向上につなげるという視点についてです。


    とても分かりにくい表現と思うので、もう少しわかりやすく

    私自身の体験談を紹介しますと・・・・・


    大昔、学生時代に、教員免許を取るために 某中学校に教育実習に2週間行きました。

    そこでは、当然、中学生たちに担当教科、担当単元の教科書や資料の内容を

    授業を通じて教えるわけです。

    「人に教える」という行為は、それ以前に、教える内容について一定レベル以上の

    知識が自分にないと教えることができないわけで・・・・

    まーそれは、あの時ほど勉強したことは無いくらい、いろんな調べものをして

    しっかり情報や知識を自分のものにして授業に臨みました。

    それでも、予想外の質問や、緊張感で、あたふた・・・

    でも、そういた経験が何よりも自分を成長させてくれたと実感しております。

    大学生からすると中学生の教科書の内容など、

    たかが中学の教科書・・・ですが、されど中学の教科書でした・・・


    ですから、たかがジュニアレベルのトレーニング。と思っていても、

    突き詰めて、トレーニングを見つめなおせば・・・・・

    そこには、されど・・・・といった、発見や粗末にできないエッセンスが潜んでいると思います



    それと何より、あなた達にも、初心者やジュニアの時代に

    先輩たちが、ともにトレーニングをしたり、遠征にいっても引率してくれたり

    迷惑をかけ、お世話になりながら、今日があるのですから・・・・


    どんな練習にも、自分のこころ掛けひとつで

    レベルアップに繋がるエッセンスが潜んでいると思います。


    少し前に注目された本のタイトルではないですが・・・

    「置かれた場所で咲きなさい」

    いまのこの境遇の中で、自分の置かれた環境で、精一杯、花開いてほしいです!


    生意気なことを申してスミマセン   でもみんな仲良くがんばってね!



    タグ :

    ◆ マリット 第5期生卒団式 

     2015-04-04
    2015年3月28日(土) 
    広島インテリジェントホテルにて、第5期生のマリット卒団式が行われました。

    5期生の4名を盛大に送り出す記念すべき会となりました。

    レヴァリーズから、山中代表、Hijiri監督にもご出席賜り
    選手、保護者で、明るくも、時に涙する、温かいお別れ会となりました

    在団生も、先輩たちを送るため、あれこれ思考を凝らしたプレゼントや、出し物を
    準備し、会を盛り上げてくれました
    2015-3-28-2.png

    そのため、ちょっと!?かなり?? 時間オーバーしちゃったみたいですけど・・・・

    卒団生、一人ひとりのあいさつには、それぞれの選手の
    マリットでの、思い出や、苦しかったこと、頑張った事、いろんなことが頭に渦まいたことでしょう
    それぞれに涙なしには語れず、聞く人の目にも涙さそうものがありました。
    マリットで経験したことを、次のステージで活かして
    自分の夢や希望の実現にむけて、飛躍してほしいと切に願います!
    2015-3-28-3.png
    あらためた彼女たちを、無事に送り出してくだった
    マリットのHijiri監督、レヴァリーズ代表の山中代表、そのほかのレヴァーリーズスタッフの皆様方
    そして前監督のANさん
    こころよりお礼申し上げます
    ANさんは残念ながら、ご都合で参加できませんでしたが
    きっと、彼女たちの成長ぶりを喜んでいただけてると思います

    また常に選手をご家庭からバックアップされ、チームをご支援いただきました
    卒団生の保護者の皆様に、心よりお礼と、お慶び申し上げたいと思います
    個人的には、ジュニア時代から長くマリットに関わってこられた選手、保護者の方々が
    卒団されるので、本当にさみしい思いです。
    今後とも、マリットファミリーとして、在団生、OGを温かく見守ってやってください
    大変お世話になりました。ありがとうござました。

    2015-3-28-1.png

    いよいよ、4月から、2015年度 マリット新体制がスタートです。

    新中3年生は、マリットU-15のラストイヤーです 
    ラストイヤーに彼女たちに求めるもの・・・・サポーターとしては、最終学年として
    これまでの月日を、「結果=成績」で残せる事を期待します

    そのために必要なことは、なんだろう・・・・


    中1生をはじめ、多くの新メンバーが加わります
    U-15の県予選は6月です。もう2か月しかありません
    早く、コニュニケーションを深め、お互いの意思疎通がスムーズにできる関係を築くため
    先輩たちから、歩み寄り、受け入れる包容力も必要でしょう

    相手を思いやる気持ち・・・・
    チームメイトを思いやる気持ち・・・・

    最高学年とは、これまでのように、自分のことだけでは
    チームはまとまりません。
    チームの勝利のために、何がひつようか?自分は何をしなくてはいけないか?
    まわりの選手、仲間の良さをどうやって引き出すか?
    自分の持ち味を、どう倍増させるか?

    いろんな目配り、気配りが求められます

    時には、謙虚にまわりの意見も聞く必要があるでしょう

    いかにチームが一つになることができるか!これこそが結果に近づく
    ひとつのカギではないでしょうか?

    チームが一つになるために、自分がどうしなければならないか
    考え、実行していけば・・・・
    結果はついてくると思う

    みんな! 今年 「全国」に行こう!!



    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫