◆  全日本女子ユース(U-15) 広島県予選 組み合わせ決まる!

     2014-05-31
    早いもので今日で5月も終わり・・・・明日から6月ですね

    今日は広島でも30℃を超えそうですね この調子だと真夏はどうなるのでしょう?

    いよいよ来週に迫った 全日本ユース県予選
    その組み合わせが公表されました!

    2014-5-31-1.jpg
    多分、私が知る限り、過去最多のチームエントリーではないでしょうか?

    先週の県リーグの際に、フジタのMahoから、大河との合同チームでU-15に出るとは
    聞いていたのですが・・・・なんと初戦で対戦となりました。

    大河のU-15は未知の相手、
    でも、普段トップチームは、中国リーグ参戦の強豪ですし
    今の中2生の同級生は、ジュニア時代に中区トレセンに選抜されていた選手など
    力のある選手が大河にはいますね・・・・
    そこにフジタのMaho達も加わってるので、なかなかのチームでは???

    何とか初戦を突破し、青崎clover'sと対戦したいですね
    ゲーム終了の笛が鳴るまで、ひと時も集中力を切らさなければ
    良い結果がついてくると思います。

    まずは、目前の「一戦必勝」

    気持ち・体 それぞれ、最大限の準備をして 「熱い情熱」「冷静な判断力」をもって
    結果を出しましょう!

    【追伸】

    今朝のTVで知ったのですが、サッカー日本代表ユニフォームの
    胸のところに貼られている「国旗(日の丸)」
    この日の丸の刺繍に使われている生地は、今までの歴代の日本代表チームの選手が
    実際に着用したユニフォームの生地を細かくほどいて再度、繊維にしたものから作られているのだそうです・・・・・
    ですから、選手が試合前の国歌斉唱の際にその胸の日の丸に、手をあてて斉唱しているシーンを
    皆さんも見たことがあると思いますが・・・・・
    2014-5-31-2.jpg
    あの行為は、日本国への敬意と共に、歴代の日本代表メンバー(=先輩たち)への
    リスペクトの意味も込められているのですね

    いままで、私も何度もゲーム前のマリットの円陣と、恒例の「掛け声」を聞いてきました

    歴代の先輩たちも、常にあの掛け声で、円陣からピッチに飛び出しゲームに挑んできました。

    是非、「Marit Pride」をこの大会で見せてほしいものです・・・・

    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆  広島県女子サッカーリーグ 第二節 VS フジタレディース戦

     2014-05-27
    2014年5月25日(日) 新緑に包まれた 安芸太田町 杉の泊ホビーフィールドにて
    県リーグ 第2節 フジタレディース戦が行われました。

    当日は、3名の新加入選手が全員新しいユニフォームをまとい参加してくれました
    17番=Mana, 18番=Norika、19番=Saki (間違ってないかな??)
    その他のマリット・メンツも全選手がそろって試合に挑みました。

    2014-5-25-1

    午前中の曇り空から打って変って、午後から強い日差しが差し込む中でゲームとなりました
    序盤、なかなかいい滑り出しかと思っていましたが、
    そこは試合巧者のフジタさん、要所要所は確実にポゼッションし
    マリットのゴール前での「隙」を見逃さず得点を重ねていきます・・・・

    2014-5-25-2

    マリットも、中央のNatsukiが、ボールを巧みに保持し、前線へ、サイドへ
    ボールを供給するも、なかなかフィニッシュまでもって行けず・・・前半を無得点で折り返す・・・

    2014-5-25-3

    後半は、途中、このゲームのキーパーを担当してくれていたYukaが
    負傷するアクシデント・・・(大丈夫かな・・・) 急遽 Moekaに交代する場面もあったが
    みんなでつないで最後Hinaが、なんとか1点決め、完封は免れました。
    結果は1-6という点差になりましたが、点差程の差は感じさせない内容では無かったでしょうか?
    しかし、運よくクロスバーに助けられたシュートも何本かあったので、もう少し失点していても
    おかしくなかったかも・・・・
    2014-5-25-5
    しかし、先日のもみじ杯でのSaki,わいわいサッカーでのNorikaにつづいて
    Manaがこの試合後半に初出場し、公式戦デビューを果たし・・・
    この試合CBを勤めたHinataも、いい動きで相手の攻撃の芽をつぶしていた!
    Shihomi、Tomoyoの両SBも攻守の切り替えを俊敏こなしてたし
    Natsumiも中盤から積極的なあがりからシュートを放つ好機も作った!

    なかなか結果に結びつかず、それぞれ反省や課題も感じた試合だったかも知れませんが
    いい場面もあったし、そうしたプレーがより沢山できるために必要な事も
    考えていくといいと感じました。

    いよいよ次は「U-15女子ユース県予選」です。
    まだあと2週間=時間があります
    新メンバーとのコンビネーションも生まれつつあると思います
    まずは、新メンバー歓迎を兼ねた!?31日のイベントで、よりチームの一体感を深めて
    次こそ「結果」を出せる力を増強しよう!

    失点を減らすには・・・・
    シュートを増やすには・・・・
    パスを繋げるには・・・・
    ドリブル突破の秘策は・・・・

    考えて⇒体現し⇒考えて⇒体現し・・・・
    「考えて」~「体現し」 の 間に・・・・・「改善」「工夫」「修正」を行い、ビルドアップする
    「頭(脳)」と「体」をフル回転ですね
    絶対に勝つ!=冷静に、Coolに、落ち着いて(手本になる先輩たちがたくさん過去にいましたね~)

    そうそう、マリットOGのみなさん・・・
    U-15予選が 6/7-8と迫っています
    それぞれお忙しい日々かと存じますが・・・
    是非、練習に顔をのぞかせて、後輩たちの力になってやってください
    何卒宜しくお願いします!



    【追伸】
    新緑の杉の泊まりに「飛行機!?(グライダー?)」を発見!
    2014-5-25-4
    ここは、サッカー場でもあり、滑走路!でもあるのですね・・・・
    ピッチの上空を気持ちよさそうに飛行機(グライダー)が旋回して、応援のちびっ子たちの注目を集めていました
    2014-5-25-6
    タグ :

    ◆ 大会前に久々の技術情報・・・

     2014-05-21
    ここに来て、新メンバーが3名加入し
    来月のU-15ユース選手権県大会にむけ、チーム事情は
    いい方向に向かいつつありますね

    中3生にとっては、全国に繋がる貴重な大会です。
    ジュニア時代を含めマリット在籍歴が最も長いNichikaにとっても
    残り少ないチャンスですね 是非とも切符を手にして欲しいところです。

    大事な試合を前に、少しでもためになる情報がないかと
    無い知恵を絞って、あれこれ妄想・・・・

    セットプレーって、ゲーム(試合)において
    大きなチャンス(機会)ですよね。

    では、ゲーム中で最も多いセットプレーって何でしょう?

    私が思うにそれは「スローイン」では無いでしょうか?
    相手ボールがタッチラインを割る度に、得る事ができるセットプレーです。

    確かに、フリーキックやコーナーキックに比べると飛距離は限定されますが
    その代り、足で蹴るよりも、手が使えるのでコントロールは精度が高い!
    高い確率で、思ったところにボール運べます。

    その割には、「スローイン」って軽視されてないでしょうか?
    今一度、スローインについて、
    基本から、秘められた戦術まで紹介したいと思います。

    サッカープレーヤーなら、そんな事、百も承知という情報がも知れませんが
    基本に立ち返る事も大事ですし、マリット選手の中には
    競技歴がまだ短い選手もいますので
    是非、大会前に一読して損は無いと思いますよ

    (情報は「サカイク」のサイトの情報を参考・引用させて頂きました)

    まずは基本中の基本「ルール」について整理しました。

    ●ボールがピッチの外へ出た地点から投げる
    ●両手で投げる
    ●頭の後方から頭上を通してボールを投げる
    ●両足ともその一部をタッチライン上、またはタッチラインの外側に着ける
    ●スロワーは他の選手がボールに触るまで、再びボールに触れることはできない(つまり直接ドリブルするのはダメ)
    ●スロワー以外の選手は、スローインが行われる地点から2メートル以上離れなければならない
    ●オフサイドがない

    今度は、戦術面で言うと「クイックスロー」が基本のようです。

    スローインはボールを投げる選手がタッチラインの外に出るため、ピッチ内には味方が10人。
    それに対して相手は11人いるので、ぴったりとマークに付かれたら、フリーな味方が1人も存在しないことになります。
    そうなると、とりあえずリスクを避けながら前方の密集地帯へポーンと投げ入れることが多くなるでしょう。
    そして素早く寄せられ、相手にボールを奪われてしまう。せっかく獲得したスローインなのに、これではもったいない。
    そうならないためには、どうすればいいのでしょうか?

    要は、相手のマークが付く前にサッと投げる、つまり『クイックスロー』を行えば良いのです。

    ボールが外に出たら、素早く拾って、素早く投げる。
    ピッチ内の味方も素早く動いてフリーになっておく。
    そうすれば、むざむざ相手にボールを渡さなくても済みます。
    スローインから再びパス回しを始めるか、あるいは相手陣内に空いたスペースに素早くボールを投げて突破することも可能になるでしょう。

    スローインを投げる機会は、1試合に何十回もあります。
    試合を有利に運ぶためには、こうした地味なポイントの積み重ねが必要です。
    強いチームほど、こうした小さな努力を大切にします。
    もしも、今までにこのような意識が欠けていたのなら、ぜひチャレンジしてみてください。
    確実にボールポゼッション率が上がります。

    また、「サカイク」の以下のURLには、図解で非常にわかりやすくスローイン時の
    動き方などが解説されています。

    是非、参考にご覧くださいませ!

    http://www.sakaiku.jp/column/technique/2012/002255.html

    いずれにしても、スローワ―(投げ手)と受け手の意志が通じ合ってないと意味が無いよね
    まずは「知って」、次に「体現する」 

    大会までの時間をいかに過ごすか・・・結果に結び付けよう

    タグ :

    ◆  安佐南区女子トレセン at 広島経済大学

     2014-05-19
    2014年5月18日(SUN) 夕刻・・・・

    午前中の「わいわいサッカー」に続いて、16:30~は・・・
    広島経済大学に、この春完成した フットボールパーク にて行われた
    「安佐南区女子練習会」=通称:安佐南区女子トレセン に
    マリットの、Natsumi、Nichika、Natsuki、Miki、Moeka、Hina、Norika が
    サポートスタッフとして 参加してくれました。

    以前、U-17広島選抜 VS アンジュのこけら落としのゲームの記事にも記載しましたが
    ほんと素晴らしい環境ですね
    2014-5-18(2)-4.jpg
    また、安佐南区のサッカー女子力! すごいパワーですね!
    ほんと将来が楽しみです
    なかなか、今季、新メンバーが集まらなかったマリットでしたが
    次世代は確実に育っていますね
    2014-5-18(2)-3.jpg
    純真無垢にボールを追いかける少女たちの姿は
    微笑ましくもあり、忘れていた何かを思い出させてくれもします・・・

    彼女たちのあこがれの存在になれるよう
    マリットメンツは、腕を磨いて、結果を残さないといけんね~
    ジュニア育成へのお手伝いは、地域貢献もあるけど、
    自分たち自身へのよい刺激であり、昔自分がサッカーをはじめた頃の
    純粋なサッカーへの姿勢を再確認させてもらえる貴重な場になっているのではないかな?
    2014-5-18(2)-2.jpg
    練習後のミーティング・・・・
    集合するとすごい人数ですね!ジュニアの子達も、このあとU-12,U-8とに分かれて
    安佐南トレセンとして大会を控えてます!がんばってね~
    また、いつもミーテイングで「マリット」の宣伝をしてくださるToriコーチ:「ありがとうございます」

    関係ないのですが、ミーティングの輪が「♥ハート型」に見えて、女子を感じたのは私だけでしょうか?

    練習終了後、マリットメンツがなかなか引き上げてこないと思ってたら
    彼女らは、みんなが帰った後、クラブハウスを掃除してました!
    2014-5-18(2)-1.jpg
    こいつら、何気に立派やないですか!!
    いろいろ日々、不満やできてない事を指摘ばかりしがちですが・・・
    彼女たちも、今朝の「ムシカ」さんや、今回の安佐南区指導者の方々をはじめ、
    いろんな方々との関わりの中で、着実に成長しているのですね!「ほんと感謝!」です。

    サッカーでの勝ち負けもですが
    それよりも大事なこと、それ以上に得る事ができることを
    サッカーを通じて、マリットを通じて
    経験し、身に着けてくれてるんですね。うれしい光景です。
    こうした努力=「陰徳(いんとく)」 は、必ず何処かで自分に帰ってくると思うよ
    陰徳を重ね、自分を磨く=私自身が彼女たちから学ばせて頂く事も多いです




    タグ :

    ◆ わいわいサッカー 大先輩たちと・・

     2014-05-19
    2014年5月18日(SUN) 
    本日は、揚倉山グランドにて「わいわいサッカー」
    大先輩のおじさま達の胸を借り、「ムシカ」さんと、「MEDIO」さんとトレマッチを
    行いました。
    2014-5-18-2
    この試合、先日のSaki に続き、新メンバーの「Norika」のデビュー戦となりました。
    2014-5-18-4
    自分たちのお父さんよりも、さらに年配のメンバーもおられますが
    そこは「昔取った杵柄(きねづか)」・・・・
    簡単には、点を取らせてはもらえません
    運動量は、完全に上回っているのですが・・・
    2014-5-18-3
    本日の最終ゲーム・・・・対戦相手にどこかで見かけた「紳士!?」の姿が・・・
    2014-5-18-5
    なんと相手チームの助っ人に「Natsuki父さん」 守護神ぶりを見事発揮!
    マリットはゴールをこじあける事は出来ませんでした。

    ゲーム後、みんなでミーテイング。
    Hijiri体制になって3か月が過ぎ、ここにきてやっと新メンバーも加入!
    U-15大会を目前に新メンバーを含めたコニュニケーションが今は大事な時かな?
    2014-5-18-1

    2014-5-18-5


    タグ :

    ◆ 読売新聞「ひろしま県民情報」にマリット取材記事!

     2014-05-14
    2014年5月14日の読売新聞 朝刊折込「ひろしま県民情報」に
    マリットの記事が大きく掲載されていますよ!


    2014-5-14-1.jpg

    タグ :

    ◆ 世間は代表発表で持ちきりですが・・・・もみじ杯の結果

     2014-05-12
    今日はワールドカップ代表発表日。その話題でサッカー界のみならず、日本全土が持ち切りです。
    青山選手おめでとうございます!!
    そして大久保選手。今日はお父様の命日だそうですね。本当におめでとうございます!

    ですが・・・・本ブログは今日の話題は・・・・もみじレディース 試合結果

    2014年5月11日(日)広島県中央森林公園 対 青崎hanako clover's戦

    先日新メンバーとしてマリットの一員になったばかりの
    Sakiちゃんもいきなり試合に出場する事に・・・
    そのsakiちゃんを加えてジャスト11名でのゲームとなりました。

    相手は強豪のclover'sさん
    序盤から、clover'sさんのペースでゲームは進みます

    後にHijiriさんから聞いたところによると
    選手はみんな試合前から緊張でガチガチだったようです。
    ここ最近のマリットを見ていて、いい試合をしてくれるのでは・・・との期待感が我々サポーターにもあったのですが・・・・
    やはり、そこは実力者clover'sさん、そう甘いものではありませんでした。

    想像するに、彼女たちもマリット相手に不甲斐ない試合は許されないと
    プレッシャーを掛けられていたのか???
    前半からエンジン全開のプレー・・・流石、ボール際をことごとく制し
    マリットに主導権を与えてくれません。

    結果、前半で6失点・・・・
    ほとんど好機を作る事ができませんでした。

    後半は、相手のメンバーも入れ替わった事もあるかもしれませんが
    マリットの選手も、緊張がほぐれ、前半よりは相手陣内でボールを支配する時間帯も増えました
    結果、後半は1失点に留まりましたが

    0-7で完敗の結果となりました。(母の日に勝ち星のプレゼントとはなりませんでした

    この試合で各選手は何を感じたでしょうか?
    sakiちゃんにとっては、このゲームがデビュー戦
    このメンバーで初めて挑む試合だった事を考えると、後半の戦いぶりはよく頑張ったと言えるのでは・・・

    しかしながら、観戦していて一番感じたのは、「動き出しの差」です。
    通常のトレマッチや練習では通るパスも、インターセプトされる場面が多々あったし
    マリットボールに対しての「寄せ」や「チェック」のタイミングが非常に速いので、マリット選手がフリーで、
    ボールをコントロールする間を与えてもらえない=苦し紛れに出すパスは、結果としてカットされたり、
    味方のサポートが間に合わず、相手ボールになる場面が多かったように思います。
    マリットの持ち味のパスサッカーが上手く機能せず、自由にプレーさせてもらえませんでした。

    パスのスピード、精度、周りサポートの動き・スピード・顔だし・・・課題が満載のゲームとなったのでは・・
    Hijiriさんからも、「足がつるまで走れ!!足がつったら私が交代出場してあげるから・・・・」
    (そこまで自分を追い込む気持ちで挑めってメッセージ)って言われていたはず=みんなは、何処まで自分を追い込めたかな?

    でも、そういった課題や反省点を各選手自身が感じたのであれば、この試合での収穫は大きい!!
    この試合から得た教訓を、残り1カ月弱の期間で、補強・修正できるから・・・
    U-15大会まで、未だ修正の時間があるのですから、ラッキーです!!
    新メンバーとのコンビネーションを培う時間も未だあるしね

    また、反省や課題ばかりでもない・・・
    このゲーム、ゴール前でのNichiakaの粘りは、非常に相手にとっても嫌な存在だったと思う
    中盤の底から、Natsukiが何とか前線にボールをつなごうと懸命にコントロールしてたし、
    チームメイトにも、時に厳しく、声もかけていたね
    Tomoyoも前半の失点から気持ちを切り替え、後半は勇気あるプレーで1失点に抑えてくれた。


    みんな悔しいよね(私も悔しいよ)

    でも、clover'sの選手は、日々チーム内でもあれだけ厳しい競争の中、練習に励んでいるのだから
    少々、マリットの雑草軍団があがいても、そう簡単には崩せやしないのは当然。

    じゃどうやった勝負できるのか? 悔しさや屈辱が一番、人を成長させてくれます!

    いろいろと考え工夫を加え、昨日より今日、今日より明日・・・
    そんな練習を・・・
    試合で使える練習を・・
    試合で活かせない技術は、意味のない技術とおなじ・・・

    幸いにも男子との合同練習の機会も今のマリットにはある・・・
    スピードや精度、あたりの強さ=仮想clover'sとしての練習環境も身近にあるよ

    知恵とアイデアで、今日の差を埋めていこう!でも笑顔は忘れずにね

    U-15 中国大会いこうや~ そして このメンバーで全国いこうや~ 

    諦めない限り、チャレンジする限り 必ずチャンスはあるのだから!

    タグ :

    ◆ リフレッシュできる場所

     2014-05-10
    2014年5月10日(土) ゴールデンウィークの慌ただしさも一息つき
    今日は朝から、気持ちのいい晴天。空気も非常に爽やかな心地よい日和です。

    マリットは今日は、オフタイム・・・・
    明日の青崎戦に、どんな準備をみんなはしてるかな・・・

    5月に入り、新たなメンバーも加わり
    今週は体験メンバー含め、いい意味で刺激のある練習をこなせてきたようです。

    メディアでは、ワールドカップのメンバー発表を控え
    いろんな予想や情報が報じられてますね

    私も連休明けで、心身とも少し疲れ気味
    今日のこの素敵な日和、心身ともリフレッシュしようと
    わたしの リフレッシュプレイスを ほんと久しぶりに訪ねてみました。

    子供たちが、まだ小さかった時分に お金もないし
    お金をかけずに、子供たちが喜んで遊べる場所として
    休日よくこの場所に足を運びました。

    天然の砂場、天然のプール、天然の水族館、
    自然と触れ合える とっておきの場所です
    バケツにスコップ持って よく出かけましたね。
    広島の中心部で、ほんの僅かですが、自然が残ってる貴重な場所ですね

    陸繋島に入ると、野良猫くんたちがお出迎え・・・
    ここは野良猫のパラダイスですね
    駐車場につき、車を降りると・・・・
    久々の再開「名物の大クスノキ」と「白灯台」がお出迎えしてくれます。
    2014-5-10-1
    灯台から森のトンネルを抜けると、市内では貴重な砂浜が・・・・
    そして目前には、瀬戸の穏やかな海と「安芸富士」が開けてきます・・・
    なんか「トトロ」の世界ですね
    2014-5-10-2
    その砂浜に、バケツ持参の親子が・・・あの日の我が家の姿が重なる。微笑ましい
    2014-5-10-4
    爽やかな海風に当たりながら海岸線をお散歩・・・
    2014-5-10-6
    「安芸富士」とフェーリー・・・・静かな時が流れます
    2014-5-10-7
    散歩道の野良猫くん ノスタルジックですね(君は何を思い海を眺めてんのかな?)
    2014-5-10-5
    宇品港の「赤灯台」「白灯台」のペア。
    2014-5-10-8
    道端の野花も、心を癒してくれます
    2014-5-10-9
    いつ来ても、心洗われますね・・・
    今日も閑散とし、釣りをする人、年配のご夫婦の散歩、微笑ましい親子、無愛想な猫・・・・
    ここは、日常から少しだけ逃避でき、時間の流れ方、時の進み方がスローな気がする
    私のとっておきの場所です

    いや~久々来てみて よかったわ~
    明日は、もみじ杯か~。頑張ってほしいな! いい事ありそうな気がしてきたぞ~
    2014-5-10-3

    みなさんも、疲れたとき、嫌なことがあった時、気分転換したい時・・・
    足を運んでみてください。気持ちは晴れる癒しスポットです。


    タグ :

    ◆ もうひとつのワールドカップ

     2014-05-08
    もうひとつのワールドカップ

    今年開催のW杯ブラジル大会の日本代表発表まであと4日。
    となりました。
    ワールドカップの舞台はサッカー人にとって特別な場所。
    プロ選手にとっても、ほんの一握りの選手しか権利を勝ち取ることはできません。

    そのワールドカップの舞台は、
    審判員にとっても特別な舞台。世界のサッカーファンが
    最も注目する舞台だけに、その判定が大きくゲームを左右するため責務は重大です。
    そして、その権威在る大会で笛を吹く事は、審判員にとっても大きな目標であり
    名誉な事であろうかと思います。

    日本からも、前回の南アフリカ大会で笛を吹いた西村さんをはじめ合計3名の審判員が既にW杯ブラジル大会に審判員として参加する事が決まっている。
    その西村さんがジャッジを行う上で心がけておられるポイントについての新聞記事があったのでご紹介します。

    2014-5-8-1.jpg

    「試合を見る目」=攻撃の流れを読んで次のプレーに備える事が重要だとおっしゃられています。
    反面、実際にファウルが起きる多くの場合は、ボールを持っていない選手がどのようにチャレンジしたかなので目では守備側の動きを追うという

    「攻撃側の次の動きへの予測眼」
    「守備側(ボールを持っていない選手)の攻撃側へのチャレンジへの眼」
    この両方に目配りする事が、正確なジャッジに不可欠とのことです。

    シュミレーションの判定には選手心理への洞察力や
    時間帯や得点差、チーム事情や、ゲームお流れなど
    いろんな情報を頭に入れながら、刻々と流れていくゲームの中で
    的確な判断・判定を下さないといけないのですね・・・・
    そのために人による判定基準に差が出ないようFIFAでも基準の共有を目的に
    国の枠を超えた講習会・研修会が行われているようです。

    先日も高校総体予選での不可解な判定について触れましたが
    審判の方も、故意に不明慮なジャッジをされている訳ではないと思います
    現に、ワールドカップの舞台でもメキシコ大会のマラドーナの「神の手」や
    前回の南アフリカ大会でもゴールインの判定で誤審がありました。
    人がやる事なので、ミスが起こる事自体が「悪」とは思いませんが
    そのミスを極力減らす為の不断の努力は必要と感じます。


    以前、「国際1級審判員」の資格をもつ方と同じ職場で仕事をしました。
    その方は、サッカーの指導をされてましたが、別途、仕事の合間に、
    自身の審判員のトレーニングとしてランニング等をされ
    普段の職場での態度・言動も非常に紳士的で、日常の立ち振る舞いから
    フェアーな意識の高い方でありました。
    Jリーグでも主に副審を勤められ、J1-J2で200試合近い経験を積まれた方です。
    ピッチの上に限らず、職場においても素晴らしい人格者。まさしく不断の努力を
    重ねる、国際審判員の名に恥じない存在でした。
     また別の方で、その方も国際審判員の方ですが(その方は主審が主)
    私が仕事で出張中に偶然、飛行機の中でお会いする機会があったのですが、
    片手に英語の辞書をお持ちだったのでお尋ねすると・・国際試合でレフェリーを勤める際には
    最低限の英会話等の能力が必要とのことで語学の勉強もされておられました。
    どの世界も、その道のトップレベルの方々は、日々人知れぬ鍛錬を怠らないのですね

    ワールドカップから、地域のサッカー大会まで
    大会規模の大小の違いはあれ、全力で懸命のプレーをする
    選手一人ひとりの気持ちには差は全くないですよね
    もちろん各試合毎に、選手同様、審判員もその「一期一会」を
    懸命にジャッジしているんですね
    私も過去に1年間4級審判員の資格をとって、ジュニアの大会で線審をした経験がありますが
    子どもの試合とはいえ、周りにはたくさんのお父さんお母さんの応援団はいるし
    大変緊張してゲームに臨んだ記憶があります。
    普段、何気にジャッジに不満を抱いたりしますが・・・
    その時の事を思い出すと、やはりレフェリーも大変な仕事!軽々しく批判はできません。

    マリットのみんなも4級もしくは3級審判員をみんな取得してるよね
    県リーグなど運営担当のゲームでは、誰かしらレフェリーを勤めなければなんないよね~
    最初は、みんな多分めっちゃ緊張するし、自分のジャッジに自信が持てない事と思います。

    自分が思うには、いざゲームが始まったら、「自信を持って、はっきり明瞭にジャッジする」
    仮に間違った判断があるかもしれなくても、その時の自分の下した判断を自信を持て、貫き、明瞭に示す事が
    大事ではないかと・・・・・
    審判に迷いがあると、選手やゲームそのものに悪影響が及ぶと思います。
    仮に間違っていたとしても、はっきりレフェリーがジャッジする事でプレーは確定し、
    ゲーム自体が迷走する事はないから・・・
    反省はその後でしっかり振り返って次に繋げていければ良いのでは・・・

    そして選手として、審判員の存在があってこそ
    ゲームが進行し成立するという事を、再認識し、
    普段のゲーム、トレマッチも含め
    審判方への感謝と敬意の気持ちを常に忘れないでいようね!!


    タグ :

    ◆ なでしこチャレンジリーグ参戦?

     2014-05-05
    2014年5月4日 今日はマリットの選手は
    なでしこチャレンジリーグに、ボールガールとして参戦しました。

    アンジュヴィオレ vs バーニーズ京都 戦の運営をお手伝いしました。
    早朝からグランド作りから、ゲーム中のボールガール、そして片付けまで
    1日みっちり、なでしこチャレンジリーグに密着し競技場の裏側から
    リーグ運営、選手のアップ、もちろんゲーム中のプレーまで、いろんな意味で学びの1日になりました。

    それに加え、なんといっても
    マリットの大先輩~saiちゃんこと 齋原みず希選手と久々に接する機会!
    アンジュヴィオレも大事な一戦、試合前はなかなか絡むには気を使ったようですね。試合では、sai先輩が後輩たちの目の前で、みごとにミドルシュートを決めてくれました。

    試合は、アンジュが3-1でバーニーズに勝利し勝ち点三点をGet!!
    なでしこチャレンジリーグの選手、プレーのレベルをまぢかにし、
    非常に刺激を受けたようです。

    試合後、片付けしていると
    今日の試合の【woman of the match】に選ばれたsaiちゃんが自分に『オッス!』と合図してくれたってhinaが喜んでました。
    なんたってジュニア時代saiちゃんにも、たくさん遊んでもらったし、憧れの存在だったもんね~有名になって、ちょっと距離感感じてんのかな?
    その距離感を、みんなで上手くなって、強くなって縮めていこう!!

    明日は、今日一緒に運営をやった山陽高校さんとトレマッチです。よろしくお願いいたします。

    タグ :

    ◆ 思い出深い コカスタ~県営グランド

     2014-05-03
    先日、4月29日は場所をコカスタに移し新人戦ニューフェイス大会が行われました。

    マリットは、Natsumi,Moekaを怪我で欠く8人での参加となりました。

    8人ピッタリ。替えのない状態で、15分trmを計10本と、みっちりサッカー漬けの1日となったようです。

    前回とは少し参加チームも変化があり竹原の新チームや熊野中を交え行われました。一部審判講習会で主力選手がいないチームもありましたが、2名の主戦力を欠いた中、多くのゴールを奪い善戦したようです。

    久々のコカスタ。
    天然芝のグランドですが、とても残念なコンディション。各所で芝が剥がれ悲惨な状況でした。
    4年前の同じニューフェイス杯で同じくこのコカスタ会場ー初めて天然芝の本格的なピッチの上で、ふさふさ感に感動していた姿を懐かしく思い出しました。

    試合の合間、ぶらりとしてると驚きの写真が・・・・・

    1974年に、なんとあのサッカーの神様【ペレ】選手がこのスタジアムを訪れてたんですね
    2014-4-29-1.jpg

    また、1993年Jリーグ発足、開幕戦のサンフレッチェのスタメン集合写真が・・・・
    2014-4-29-2.jpg

    みなさん、何人の名前が言えますか?
    メジャーなところで
    現在サンフレッチェ監督の森保さん、フロンターレ監督でスポルトの解説でも有名な風間さん、アジアの大砲ー高木さん、・・・・この辺までなら今の子もわかるかな???

    当時のスポーツ好きな人なら・・・・
    まずは、ノ・ジュンユンさんですね!
    あとは代表入りもした柳本さん、片野坂さん、gkの前川さん
    渋いところでは、玄人好みの松田さん、地元山陽高校出身のヤンキースタイル佐藤さん、
    ここまでは私は名前が言えたのですが・・・
    もう一人の外国人ダニエル選手と背番号9田中哲也選手は名前が出てきませんでした。みなさんはどうですか?

    私自身も、高校時代に競技は違いますが、このコカスタ~私の高校時代は【県営グランド】でインター杯出場を目指し切磋琢磨しました。
    いつもこのスタジアムに来ると、27年前、このスタジアムで、中国大会準決勝で夢破れ現役引退したことを、ついこの間の事のように回想します。

    27年か・・・・今の自分のおなか周りの脂肪をきゅっとつまんで、
    現実に戻るわたくしでした
    あの頃からいうと15キロオーバーです
    なんとかしないと・・・・・・・


    タグ :

    ◆ 安佐南区で頑張ってる サッカー人

     2014-05-01
    先週の新聞記事には、安佐南区で頑張ってるサッカー人が
    お二人、紹介されている記事がありました。

    サンフレ、アンジュ、代表やU-17など
    広島サッカー界もメジャーなカテゴリでは
    その活躍を、大きく報道されていますが・・・・

    地道にがんばる地元人にスポットを充て紹介した、この2つの記事には
    ほんと、応援したくなる気持ちを抱きました。

    お一人は、安佐南区でジュニアチーム(中筋)の監督をされている傍ら
    ジュニアを中心に、審判をされ、通算1000試合を実現された方の記事。

    2014-4-25-1.jpg

    もうおひと方は、今年発足した広島経済大学女子サッカー部監督の方
    日ノ本⇒吉備国際 と 女子サッカーのトップチームでの選手歴をもち
    まだ部員数が少ない経済大の初代監督として、新たなチャレンジをされている。

    2014-4-25-2.jpg

    マリット Hijiri監督も同じく女性監督!
    Hijiriさんも審判員として、これまでも数多くの試合で笛を吹いてきた方
    なんとなく親近感のある記事でした・・・

    トップチームや、トップ選手だけじゃなく
    地元で、地道に頑張ってる人を取り上げた記事って何気にうれしいですね。

    同じ安佐南区のサッカー人として、マリットのみんなも
    勇気づけられる記事では無いでしょうか?

    いよいよゴールデンウイークですね
    今年も、西日本フェスには、マリットとしては参加できなかったけど
    アンジュのサポートや、山陽高校とのトレマッチもあるし
    先週は、ニューフェイスカップで、1日に8人制15分✕10本と
    たくさんのゲームをこなし、着実に力が付いてきてると思いまます。

    怪我を抱えてる選手は、焦らずしっかり休養する事も、大事な取り組みの一つですね
    体を休めている間も、目や耳や脳は、使えるので
    できる事は、いくらでもあると思います。

    もみじ杯のclover's戦、6月初旬の「U-15クラブ選手権」大変楽しみにしてます。
    ジャイキリありでしょ!
    ”少数精鋭”でガンバロウ!! 


    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫