◆ Saiちゃん 祝 u17 ワールドカップ出場

     2014-02-25
    本日 uー17ワールドカップ日本代表 最終メンバーに選出されました

    ほんと、おめでとう!
    マリットのみんな心から応援してます

    怪我には十分に気をつけて
    本番に備えてね

    思う存分、saiちゃんらしい
    coolな、カッコいいプレーで
    世界レベルを満喫してきてね

    マリット魂でgoalをgetだっー!

    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆ 2013年度 Maritお別れ会(卒団式)盛大に行われる!

     2014-02-25
    2014年2月22日 ホテルニューヒロデンにて
    2013年度 お別れ会が行われました。
    今年は例年より早いお別れ会・・・というのも、発足以来、監督として大変な尽力を尽くされたAN監督が
    今期でお休みに入るためその慰労を兼ねての開催となりました。
    そのため、マリット1期生をはじめOG・OG保護者・チームスタッフと例年以上の多数の参加となりました

    冒頭、山中代表のご挨拶には、発足当時のご苦労や女性監督としての並みならぬ努力など
    ANさんへの感謝の言葉が贈られました・・・・
    そして、自称「いじられキャラ」のNariコーチの乾杯のご発声で開宴・・・・
    2014-2-22-2.jpg
    「Marit History」と題したスライドショーには、
    発足以来の選手・スタッフ・主要な戦績の歴史とともに懐かしい写真が流されました。
    1期生はじめOG・OG保護者の皆さんは懐かしく・・現役生は新鮮な面持ちで・・・・見入ってましたね。
    (Nichikaがめっちゃ幼いころや、Chinatsuのあくび画像、Hinaのデビュー戦など・・秘蔵写真満載でした)
    2014-2-22-6.jpg
    でも、スタートの1期生のうち発足時の3名、Ayumi、Ikumi、Yukimiちゃん
    彼女たちから今のマリットがスタートした=その意志に、
    そして彼女たちのスタートを支えたスタッフ・保護者の方に改めて敬意を表したいと強く感じました。

    現役選手たちの粋な構成で会は進行され・・・ゲーム等々盛り上がりました
    NodokaパパとMaikoのコラボもイケてましたね~
    2014-2-22-8.jpg
    でも何と言っても!
    2014-2-22-5.jpg
    2014-2-22-3.jpg
    2014-2-22-4.jpg
    現役生及び現役保護者による「恋するフォーチュンクッキー」を振り付けで披露・・・
    OG、Nariコーチ、Yuuyaコーチも乱入し・・!?
    ある意味、本日最高潮の盛り上がりとなりました!
    2014-2-22-7.jpg
    ANさんからもチーム代表はじめ、スタッフ・選手・OG・保護者への
    想いを語られました。その一言一言の語感に、今までのご苦労と
    これだけたくさんの選手を育て、関わってきた喜びが滲み感じられました。
    この会にご参加頂いていたANさんのお母様も娘ANさんの功績を
    再認識頂けたのではないでしょうか?
    すでに何十人もの妹?娘?=マリット娘を育て上げておられますよ!
    そんなマリット娘達から、ささやかな贈り物も贈られました。

    そんな光景を微笑ましく見届けておられた
    ANさんのお母さんの温かいまなざしが印象的でした・・・ 

    新監督のHijiriさんからもお言葉を頂きました。
    本会の流れ的に、更にマリットの伝統重さ感じられたかと思いますが・・・
    気負わず、Hijiriさんらしさを持って新たな新生マリットを作り上げて頂ければと感じました

    また、本会で今期の県リーグ優秀選手に選ばれた Kannaへ、Hijiriさんから記念品贈呈!
    入れ替え戦まで縺れ込むブービーのマリットから、優秀選手が出るなんて、うれしいじゃないですか!

    現役生を代表しNatsumi・Nichikaからの先輩・ANさんへの感謝の言葉は参加者の涙を誘う物がありました。

    そして、本日の”主役” 卒団する[Maiko][Kanna]から スタッフ・OG・選手への
    心温まる、そして涙を誘う素敵なメッセージ。
    たった2人の3年生、その不安・重圧が時に指導者への反発や、チームメイトへの叱咤になったと
    反省していましたが、そんなことなく、本当によくここまで1年間チームをまとめてくれました
    2014-2-22-9.jpg
    感謝・感謝です。そして、新たなステージでの2人の更なる活躍を、参加者一同願って止みません。
    が・ん・ば・っ・て・ね! みんな応援してるよ
    そして、いつでもマリットの練習・試合に顔をお出してね!

    そして、ANさんも二世お披露目楽しみにしています。是非、ジュニアと伴にマリット娘達の活躍を見に来てくださいね!

    最後に全員で記念写真
    2014-2-22-10.jpg
    Marit is a Big-Family!!(偉大であったかい〝家族”ですね!)

    こんなあったかい「Marit Family」の一員になってくれる新入部員を募集中です
    是非、一緒にボールをつないでいこう!!
    みんなで待ってるよ!
    タグ :

    ◆ 2013年度県リーグ 優秀選手に”Kanna”選出! 

     2014-02-20
    2013年度の広島県女子サッカーリーグの全日程終了し
    その結果報告が、広島県サッカー協会のホームページにて公開されました。

    このブログでも、マリットの県リーグでの悪戦苦闘をご報告してきました。
    改めて今年度の結果は、Aリーグ7チーム中の6位という結果でした。

    評価はいろいろかと思いますが、6位は
    Bリーグ2位のチームとの入れ替え戦に挑まなくてはならない
    極めて緊張感のある着地点であったかと思います。

    今期のメンバーで、この緊張感あるポジションを入れ替え戦を制し
    Aリーグ残留を決めた経験は、必ず来年度にプラスになってくると確信してます。
    途中、ANさん自らキーパーで出場したり
    Ryoukoちゃん、Eriちゃん、MiyuuちゃnなどOGの力を借りながら
    なんとか今期を乗り切れ、来期への希望も抱けるメンバーに成長してきました。

    そして、この頑張りに対するご褒美なのでしょうか・・・・

    6位のマリットから、なんと優秀選手が選ばれました!
    我らがキャプテン Kanna です。

    県リーグ結果報告
    (県サッカー協会 ホームページ内の「大会情報」から入ると見れますよ)

    今期のチームを受け継ぐ時点から、多くの不安を抱えてチームを引っ張ってきた、
    いろいろ苦しい事もあったと思いますが、
    最終的にAリーグ残留という責任も果たし、ほっとしている今日この頃かな?

    ちゃんと神様は見てるんですね。おめでとう!Kanna!

    この表彰は、代表してKannaが選ばれたという面もあるね
    唯一の同級生Maikoの存在も大きかったと思うし、
    2年生のサポートもあっての結果と思います。

    もちろん1年生の成長ぶりも大きいね!

    この受賞を励みに、3年生は新たな進路先で・・・
    1・2年生は、来期の更なる上を目指して・・・・・ がんばろう!




    タグ :

    ◆ 沼田高校さんとトレマッチ + 高校女子サッカー新人戦

     2014-02-16
    今日は沼田高校さんとトレマッチを行いました。
    お天気も良く、観戦にも最適の日でした。
    相変わらずギリギリのメンバーですが、おかげさまで、全員漏れなくみっちり経験を重ねていくことができています。

    今日はいろんなポジションを選手に経験させる意図がみえるトレマッチに感じました。
    慣れないポジションを経験することで、チームメイトの気持ちやポジションごとの難しさや視野の違いを実感し、受けての気持ち、出しての意図が解るプレーが出来るようになってくれるといいいですね!

    今日の沼高さんには、今までみたことない、キラリなプレーヤーが・・・・
    どうやら来期の新入生だそうです。

    今日、高校女子サッカー新人戦は
    、全日程を終え、文教女子さんが全勝で一位、山陽高校さんが一敗で2位、廿日市、沼田高校は得失点差まで同点と言う僅差で、得点が多い廿日市が三位、四位沼田高校という結果でした。

    しかし、今日のトレマッチの沼田高校のキラリさんの存在、勝利はしたものの山陽高校の最終戦が一得点のみという・・・・
    山陽女子もこのままというこはないでしょうし・・・・

    春から、二位以下の学校は大混戦の予感。まずは、五月の西日本サッカーフェスが楽しみですね。
    今年はフェスにマリット呼んでもらえるかな?よんでほいしです。よろしくお願いいたします

    来週は試験の学校も多いです。
    勉学もおろそかにせず、しっかり頑張ってくださいね♪
    タグ :

    ◆ 選手募集活動 ご苦労さまでした

     2014-02-13
    先週 2014年2月9日 日曜日 に行われた、広島市のフットベースボール大会
    に、Moeka、Hina が選手募集の案内に行ってくれました。

    本来なら・・・フジタ杯決勝!?と行きたかったのですが・・・
    残念ながら敗退により、マリットはOFF。

    そのOFFを利用して、Moeka、Hina がフットベースボールの
    大会会場へ、マリットの選手募集案内を配布に早朝から言ってくれました。

    寒い中、お疲れ様でした。
    引率のMoekaファミリーの方もありがとうございました。

    小学生の反応は、まずますらしいのですが・・・
    なかなかご家族のご理解・ご了承がハードルのようですね

    スポーツ好きの女子には、女子サッカーは魅力的だとは思うのですが・・・

    マリットのフット女子の3人も、1年たって本当に上手くなってますよね
    やっぱ、センスあるんですね
    そう言った意味では、「金の卵」が、会場にもたくさんいた事と思います
    是非、マリットにたくさんの金の卵を迎え入れ、開花させたいですね!


    タグ :

    ◆ フジタ杯から見えたもの・・・・(おまけ=今の君を忘れない)

     2014-02-07
    先日のフジタ杯で見えてきたもの・・・・

    ひとつは、今期のチームが圧倒的に得点源としてKannaへの依存度が高かったと言う事。
    Kannaをディフェンシブに配置した場合、いい形までは作れるが、なかなか決定打に繋がらない。
    ミドルレンジからのシュートは、パワー及び精度の両面でNatsumi以外は未だ他の選手では厳しい面があるかな?そういった面でも、キャプテンを引き継ぐNatsumiが名実共に後継者になると言えますね。
    今後、攻撃面の打開策としてひとつの提案は、ペナルティエリア内から更に繋いでゴールにより迫ってからのシュート。
    そのためには、最低ペナルティエリア内から即シュートでは無く、更に1~2つパスを通してゴール前でのシュート機会を作る必要となるのでは・・・。
    狭い空間で、さらにパスを繋げるためには・・・・・どうすればよいか?どんなスキル(技術・能力)が必要か?

    よ~く考えて、その力を養うために、日々どんな練習や思考が必要か・・・これからの一人ひとりの課題ではないかと。
    ゴール前に、一人では無く、二人・三人と顔を出せる動き、飛び出し・・・・この辺り、mikiがコスモ戦で片鱗を見せてくれました。
    (もちろん、攻守の切り替え=守備はおろそかにはできません=より走る・戻るの要素が求められます)

    そう言った点では、Moekaがセンターで、ポストプレーに試行錯誤し、いろんなトライを試みていた点は
    非常に今後に期待が持てる動きだったかと・・・・結果には満足していないと思いますが
    彼女の足元にボールを入れるほかに、彼女を飛びこませる試みがより必要かな・・・
    でも、その点も今大会でもチャレンジしてたよね。その結果が=Moekaのオフサイド・・・
    これがあるって事は、ぎりぎりのタイミングにトライしてる証拠だからOKですよ
    このチャレンジを繰り返し、パサーとフォワードの呼吸を合わせていくんだもんね

    そう言った点では、攻守の起点となるボランチ=Natsukiにもう少し余裕をもってボール持たせる場面を
    作りたいなぁ・・・と見ていて感じました。一端下げる、一端受けて又返す・・など
    もう少し周囲の選手で、時間とスペースを作ってあげる取り組みも必要かなって・・・
    両サイドのHinata,唯一のレフティが可能性を広げてくれそう。Shihomi,Tomoyoの持ち前の運動量にヒントがありそう、
    テクニシャンのNatsukiにもっと余裕ができれば、もっと攻撃にもバリエーションを持たせる事ができるのでは・・・


    もうひとつはセットプレー。コーナーキックや、ファウル・オフサイド時の間接・直接のフリーキックなど・・・・
    セットプレーは、プロや代表のゲームでも、大きな得点のチャンスとなる。
    コスモ戦では、サイドのスペースにボールを放り込み、そこに駆け込んだ選手がコーナーキックを
    奪う場面が多数ありました。Hinaが、その都度、何度もコーナーを蹴ってたけど、なかなか決定的な場面は作れなかった。
    でも、ここで見えてきたものは、何度も何度もトライした事!これは、必ず次に活きてきます。
    上手くボールが上がらなかったり、思ったところに飛ばなかったボールがたくさんあったかと思いますが、
    諦めず、繰り返し蹴りに行った事は意義があったし、周囲の選手も、徹底してHinaにコーナーを託した点は
    彼女の今後の改革を期待するものであったと感じました。また、それを本人も感じ努力するでしょう。
    成長の過程には、結果にかかわらずやり続ける事も時に大事です。

    そして最後にPKの経験
    どのチームも、PKの練習はやっていると思いますが
    なかなか本番の試合での緊張感とプレッシャーを作る事はできません。
    やはり本番での経験が、何より大きな収穫となります。
    それは、良い結果も悪い結果も双方でよい経験値になります。
    特に、失敗した選手は、トラウマにするのではなく・・・
    次こそ絶対に決める!強い意思で次に機会があればキッカーに名乗りを上げて欲しいし、
    その準備を、いつ来るかわからない次回のために積み上げておいて欲しいですね。
    日々の練習で、いかにして試合同様のプレッシャーを自分に課せる事ができるか・・・・

    yuka,Nichikaのディフェンス人は、経験を積み、それぞれ安定感とリーダーシップを
    ゲームの中で発揮し始めてると感じれます。ちょとした心の隙間を空けないより繊細で綿密な
    守備へ磨きと、精神面での統率=「こころ配り」を一層身につければ
    チーム力は、さらにアップできると感じれました。

    とにかく、「考える」これが無いサッカーは、成長が無いですから
    逆に、これがあれば(成長)は付いてくるでしょう!

    すみません。
    いちサポーターが偉そうに、長々と技術面の持論を語ってしまいお詫びします。
    (長文は、そもそも読んでもらい難いからですね・・・反省)

    ただ、あるひとり観戦者の勝手な個人的な感想と言う事でご容赦ください。
    でも、そんな勝手な見解の何処かに、何かヒントになる部分があれば参考にしてみてください。
    人により見え方や感じ方は違いますので、あくまでひとつの見え方です・・・

    では、最後にお口直しで・・得意の!? YOU TUBE 1曲で紹介しちゃいます。

    ゲーム終了時のみんなの涙を見てたら・・・
    その時のマリットにぴったりの曲、思いついたので、
    試験勉強や、受験勉強の合間の息抜きに是非聴いてみてください。


    今キミを 今のキミを
    いつまでも忘れないから
    泣かないで 笑ってよ
    一番の笑顔見せてよ

    次の季節が来たから ここで離れ離れだね
    ずっと一緒にいたいけれど それぞれの夢を歩む

    いつもと同じ帰り道 無理に普通の振りして
    でも別れ際 交差点で「じゃあな」と言い出せなくて

    泣いたり笑ったり
    いろんな時を過ごしたね
    ありがとう ありがとう
    最後に今伝えたい

    今キミを 今のキミを
    いつまでも忘れないから
    泣かないで 笑ってよ
    一番の笑顔見せて

    新しい日々の中で キミは忘れていくかな
    でも少しくらい覚えていて欲しい 一緒に過ごした時間を

    何年経っても 色褪せない想い出を
    ありがとう ありがとう
    今なら素直に言えるよ

    今キミを 今のキミを
    いつまでも忘れないから
    泣かないで 笑ってよ
    一番の笑顔見せてよ

    良かった事ばかり思い出してしまうから
    寂しさは募るばかりで この胸強く締めつける

    泣いたり笑ったり
    いろんな時を過ごしたね
    ありがとう ありがとう
    最後に今伝えたい

    今キミを 今のキミを
    いつまでも忘れないから
    泣かないで 笑ってよ
    一番の笑顔見せてよ


    もうすぐお別れ会ですね・・・
    今年は、ANさんとOG多数参加の盛り上がる会になりそうですね
    タグ :

    ◆ フレンドリースポーツ 選手募集記事掲載

     2014-02-06
    本日、フレンドリースポーツに、マリットの選手募集の記事が掲載されました。

    フレスポ様 ご掲載ありがとうございます!

    たくさん選手が集まるといいね!
    タグ :

    ◆ フジタ杯 結果

     2014-02-03
    2/2(日)坂町BGグランドにて、第30回フジタ杯に参戦しました。

    なんとか心配された雨も持ち応え、少々グランドコンディションがスリッピーでしたが
    気温も過ごしやすく、まずますの環境で行われました。

    初戦は、青崎HANAKO戦。
    ベテラン選手を含め経験豊富な相手。
    2014-2-2-1.jpg
    先制し、体力で勝負したいところですが、なんと先制を許し厳しいスタート
    ラッキーなオウンゴールで同点に追いつき、やっとプレッシャーから解放され
    優位な展開に・・・・
    2014-2-2-4.jpg
    しかし、ゲーム終了寸前にやってはいけない点を献上 4-2で勝利!
    2失点は課題の残る結果となりました。

    でも、この試合、ANさんも観戦に駆け付けてくださり選手は成長ぶりをアピールできたかな?多数観戦のサポーターも歓喜が上がる、盛り上がった1勝となりました!

    2014-2-2-2.jpg
    2回戦まで、リラックスしたムードの中、アップを行う選手たち・・・

    2回戦は、Hijiri監督の古巣コスモレディースとの対戦。
    県リーグAリーグのマリットとしては、ここは勝ってHijiriさんに花を持たせたいところ

    しかしながら、この試合もスタートから、相手に先制を許し0-1の追いかける展開
    Kannaを中心に、何度もコスモゴールに襲いかかるも、最終的に決定力に掛け、なかなか追いつけない中、何とかMikiのゴールで同点に追いつくも、なかなか勝ち越せないまま、時間だけが過ぎてゆく・・・
    次第に、Maritの足が止まり始める・・・・
    チャンスは何度も作れたが、最後の一押しに欠け、結局引き分けのまま、ホイッスル。

    Marit 久々のPK戦。このチームとしては初めてかな???
    2014-2-2-3.jpg
    Maritは2人が不運にも枠を外したり、バーに嫌われたりで4人目決められたら終わりという場面で
    相手が1本はずし、この試合GKを勤めるNatsumiが1人止めて、同点に・・・・
    しかしながら、最後のキッカーのボールがバーに嫌われ万事鳩首・・・
    残念ながら敗退となりました。

    この大会で、最後になるKanna。試合後、感極まっている姿・・・
    また後輩たちも悔し涙が・・・
    この涙を、ぜひ次の力に繋げてほしモノです。

    もし勝利すれば、3回戦は文教戦ということもあり
    文教選手が見守る中でのPK戦

    Marit OG のNaoのゲーム後の感想・・・
    「バー当てPKだったら良かったのに・・」
    むかしから、Maritの選手、よくバーには当ててましたね・・・・
    変な伝統は、引き継がれてるのか?????

    でも、今大会、青崎Clover's(Bチームとはいえ)、TAM-s、広大、大河と
    中国リーグ参戦の強豪が次々に姿を消してます
    県内のチーム力も拮抗しレベルアップしてるのでしょうか?
    この先、各チームの奮起楽しみですね。

    最後に・・・

    昨日の熊野中での試合、今日のフジタ杯。ゲームの途中で、常にKannaが
    ワンプレーごとに、気付いた事をそれぞれの選手に、「今のは良かったよ」とか
    「今のは、もう少しこうした方がよかった」「ここを意識してやってみて」と
    声をかけていた姿。すごく頼もしかったし、後輩たちへの最後、先輩として
    自分ができる事をチームに残しておこうとする姿を感じ、本当にサポーターとしても
    うれしい限りです。ありがとう Kanna!
    君なら、強豪校でも、きっと結果をだせる!自信をもってこの先もプレーしてね
    みんな応援してるよ
    (その前に受験も頑張ってね)





    タグ :

    ◆ 今週末のマリット(熊野中トレマッチ & フジタ杯)

     2014-02-02
    今週末のマリットは・・・・

    2/1(土)熊野町民グランドにて熊野中学さんとトレマッチを行いました。

    熊野中は、県内でも数少ない女子サッカー部がある中学校さん
    なでしこJAPANが、W杯優勝し国民栄誉賞受賞の際、記念品として熊野筆の
    化粧筆が送られたことから、代表選手が訪問し交流や、女子サカ振興が進む街です・・

    駅伝の町としても、世羅町について盛んな街で、町民グランドに隣接する町民体育館には
    現在、広島経済大学陸上部監督を務め、オリンピックマラソン代表にもなった
    熊野町出身の尾方選手の記念品等が飾られてました・・・
    (関係ないけど、猿岩石=有吉さんも熊野出身ですね)

    12時から、予定より1本多く4本のトレマッチを
    熊野中さん、男女混合チーム、男子のみのチームなどと行いました。
    Natsumiが体調不良で、マリットは10人の布陣でしたが、
    内容は、好機を多々作り、繋ぐことを意識した、大会前の良いトレマッチに
    なっていたかと思います。
    2014-2-1-1.jpg


    Natsumiの体調にもよりますが、最悪明日の大会も10名で挑むことも想定した
    フォーメーションを意識し、ゲーム行ったとの事(Hijiri監督後談)
    男子相手に10人でも引けを取らない内容でした。

    このトレマッチの裏で、前回ブログで紹介した 
    高校女子新人戦 山陽VS沼田が繰り広げられてました。
    試合時間次第では、そちらを観戦したかったのですが、
    Maritのお迎え時間との絡みで、観戦は断念・・・・
    結果は・・・・

    0-0のドローとの事。
    流石、力の拮抗した両チーム。甲乙つけがたい結果に・・・・
    直接対決、勝負は次回に持ち越しですね・・
    でも、順位的には引き分けで山陽有利か????
    Koromoは、あくまで残り2試合、油断禁物!まだまだ分かりません・・・
    と大変謙虚なお言葉。その謙虚さに感心です。慢心はないんですねほんと立派ですね。


    2/2(日)フジタ杯の模様は・・・・次回に・・・・




    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫