◆ U-15 全日本女子ユース 大会

     2013-07-29
    この前の記事でも紹介しましたが

    今、全日本女子ユース大会が開催されています

    中国地区代表は、2チーム。
    両チームとも、広島県の代表です。

    TAM-sは残念ながら1回戦で惜敗しましたが、青崎Cloversは
    大会連覇中の浦和を破り、更に2回戦も突破! 順調に勝利を重ねています。

    決勝は何と録画ですが、深夜枠でテレビ放送があるらしい・・・

    でも、RCC でやるんじゃろうか????

    そう願って・・・青崎がんば!!

    TBS番組表(U-15全日本女子ユース)

    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆ 昨日の元気丸(広島テレビ)見た人???

     2013-07-29
    昨夜の広テレ スポーツ元気丸 見られました???

    アンジュヴィオレのキャプテンの方が出られてたのですが・・
    ゲームの模様なども合わせて放映があり
    Marit OG の Saiちゃん のシュートシーンが・・・

    2~3シュート分くらい使われてたかな・・

    すっかり、11番が板についてきましたね。
    先日の中国リーグも全勝優勝のようです

    得点王は???? Saiちゃん ぽいけど未確認です

    先輩の活躍は、ほんと励みになるよね

    負けじと、現役選手も活躍を期待しております。
    この夏に、体力・技術とも一回り大きくなって欲しいと願います

    U-15の全国大会では、Clovers が、連覇中の浦和レディースを
    1回戦で破り、大活躍しているようです・・
    U-15 全日本女子ユース 試合結果


    同じ広島県女子サッカーの一員として、差を広げられぬよう
    Maritの実力アップも急務ですね

    楽しい夏休みですが・・楽しいサッカーライフを過ごすためには
    ここで力をつけておく必要あり
    各自の今ある環境の中で、できる準備と努力はまだまだあるはず・・

    県リーグも次節は。中国トレセン参加組が不在との噂も・・・
    次は必ず1勝しなければならない相手。
    Aリーグ残留を懸けた一戦となります。いままで築いたMairtの伝統を掛けて
    真の実力が試される時です。

    なんとしても勝利しよう! そのための準備を、練習を頑張ろう!

    広島ブログ



    タグ :

    ◆ レヴァリーズOG アメリカで頑張ってます!

     2013-07-23
    日曜日、愚息の高校野球 最後の夏の試合が終わり・・・
    悔いはない・・・の言葉に
    最後に、ワンプレーでもグランドに立つ姿を・・・
    つまらぬ親のエゴが拭い切れない自分
    反面、さっぱりとした顔で、次なる目標に切り替えようとしている彼・・・
    本当に大人なのは、どっちなんだろう??

    でも、いい試合だった。最高の舞台だった。
    あれだけ大勢の方々の声援を受けて試合ができる幸せ、ありがたさを感じた事でしょう
    また、試合に出ていない彼の応援に、
    奴の同級生達をはじめ、たっくさんの人が球場に姿を見せてくれた・・・
    高校を中退した茶髪組・・・
    先に敗れた他校高校球児・・・
    超進学校に進み途中で野球を辞めた元生徒会長・・・
    私の会社の先輩方・・・3名も
    祇園北野球部出身の息子さんを持つデオデオの清水さん・・・
    中学にシニアクラブで同級生保護者のF夫婦・・・
    安シニアの先輩・・・
    自らも元高校球児、広島マツダのニノ・・・
    そう初めてMoriおばあちゃんも見に来てくれたよ・・・
    それとなんてったて、同部屋の親愛なる君の弟くん、朝から最後までずっと応援に付き合ってくれたよ

    ほんと負けたけど、たくさんの人の温かさありがたさを痛感する1日でした

    娘も試合で負けはしたものの、ゴールを決めたらしい・・・

    気分がいいので夕方ビールを頂きました

    ほろ酔い気分の中、酔い覚ましに、散歩を兼ねて 参院選の投票に ふらっとお出かけ・・・
    そこで、犬の散歩中のご婦人に遭遇・・・
    そう、そのご婦人こそ・・

    レヴァリーズ(このころまだMarit無い時代)⇒ 青崎Clovers ⇒ 藤枝順心女子 へと進み

    2010年 U-17女子ワールドカップ日本代表のキャプテンを務めた。Seriのお母さん。
    Seriちゃんは、あの田中陽子や京川舞、猶本光選手と一緒に参加してたんです。しかもキャプテンで・・・

    家がご近所で、彼女や彼女の弟たちと、うちの子ども達が同年代ってこともあって
    近所の公園で、彼女が小学生の時分に本当によく遊んだものです・・・

    そんな彼女・・・高校卒業後、アメリカに渡って いろいろ頑張っているようです。
    年1くらいで帰国するみたいだけど・・・この夏は、お母さんがあちらに行ってみるとの事

    今、インディアナポリス という街で大学に通いつつ サッカーも続けているらしい・・・
    お母さんの話では、チームはホント寄せ集め状態で、試合途中に後半からは用事があって
    帰ろうとする選手もいるようなチームだそうで、いろいろ苦労しながら
    頑張っているそうです。

    Maritはどうですか??? と聞かれて・・・・
    中3(現在の高1)が抜けて、経験者が少なく、選手も減り
    県リーグも今、最下位ですけどどっこい頑張ってますよ!

    って、酔いに任せて 強がってみました

    私が オオカミ少年? オオカミ中年にならないよう
    Maritのみんな「どっこい」頑張ってくださいね たのみま~す

    遠いアメリカ・インディアナポリスで、孤軍奮闘してる レヴァの先輩に
    負けじと頑張ろう Marit娘

    inndeiana.jpg


    遠くアメリカで、このブログチェックしてくれてたたらうれしいな
    Seriちゃんも自分の目標に向かって頑張れ~ おじさんも応援しとるよ~

    広島ブログ


    タグ :

    ◆ 県リーグ 第4節 廿日市レディース戦 結果

     2013-07-22
    昨日、コカスタにて 県リーグ第4節 廿日市レディース戦が
    行われました。

    Maritは、今回も11人ジャストの布陣。

    猛暑の中、県リーグでの初勝利を目指しました。
    私事、午前中は、高校野球の応援に・・・・
    でもでも、結局、1日中 そちらに時間とられ
    県リーグの観戦はできませんでした すみません。

    ちなみに、高校野球の方は
    県立高校の祇園北高校、大善戦し 一時は 広陵高校に2-2と
    同点に追い付きましたが、結局追い越すことができす
    3-5と善戦むなしく敗北しました。

    選抜し出場校にあわや勝ち越しまで迫った祇園北野球便部員にも
    見事勝利の広陵高校部員にも 惜しみない拍手・歓声が響く
    好ゲームでした。

    追伸ですが Matsumiのお兄ちゃんがいる安西高校がベスト16に
    勝ち残っております。次は、祇園北を破った広陵との対戦です。
    ご近所の高校が、やたらと対戦しますが
    安西高校にも注目!声援をお願い致します。

    肝心のMaritですが・・・・・
    情報によりますと・・・・

    前半を 0-3で折り返し、劣勢の状況。
    後半に入り、Kannaが、口火を切り、GOAL!!
    またまた1点取られ、その後、Kanna⇒Shihomi⇒Hinaと繋いで GOAL!!

    あと2点差と迫るもタイムアップ・・・
    初勝利とは行かなかったようです。

    途中、Moekaがドリブルで駆け上がり好機を作ったり・・
    いい場面も、何度か作る事もできたようです。

    なかなか「勝利」という結果には結び付いてはいませんが
    1戦1戦、少しづつ成長を見せているのではないでしょうか?

    ●よかったら、試合観戦のサポーター、選手からのレポートも投稿願います
    実際に、目にした感想や、プレーした想いを紹介できればと思います。

    ●中国リーグの方は、Saiちゃん属する アンジュがリーグ優勝してますね!
    おめでとうございます。でも、その陰で、注目の1戦、TAMS VS Clovers
    この試合は 1-1のドローでした。それぞれリーグ 3―4位と
    広島の女子サッカーは ハイレベルの時代に突入ですね。
    マリットも、焦らず1ッ歩1ッ歩 階段を上がって行きましょう!


    暑い日々が続きますが・・・
    この夏、各自 課題(サッカーでの)を持って1日1日を過ごし
    秋には、形にできる結果が残せるよう
    頑張ろう!

    この夏の過ごし方、練習への取り組みが DA・I・JI になるよ!

    広島ブログ









    タグ :

    ◆ 決戦は・・・「日曜日」

     2013-07-19
    週末は、久々の県リーグです。
    場所もコカスタと、天然芝できますね~

    今期、Maritは、未だ県リーグでは 白星なし 
    このあたりで、何としても「1勝」しておかなければ・・・・

    対戦相手は、廿日市FCレディースですね

    そう、今年からTomokaが新加入してるね!
    初対戦、とっても楽しみです。

    13:30 KICK OFF 予定。天気も大丈夫そうかな・・・

    県リーグ まずは1勝目指し、「1戦必勝」で挑みましょう

    【なお・・・・】

    日曜日は、もうひとつ「決戦がございます」・・・・

    こちらは AM10:00~ マツダスタジアム 祇園北高校 VS 広陵高校  
    かなり、試合前から 力の差が・・・・・
    でも、相手も同じ高校生。何が起こるか I don't know ~ です。

    ぜひ、時間の取れる方は、スタジアムに足をお運びいただき(すみません入場料500円です)
    劣勢の祇園北高校野球部員に声援をお願い申し上げます。

    急げば、観戦後でも、Marit の試合観戦にも間に合いますよ~

    いろんな意味で 決戦の日曜日です。

    タグ :

    ◆ お詫び と お願い

     2013-07-18
    ここのところ体調を崩しており、
    当面、ブログの更新ができておりませんです。

    貴重な読者の方々及びMaritサポーターの方々には、大変申し訳なく
    心よりお詫び申し上げます。

    そんな中、重ねてお願いなのですが、
    時に、本ブログでも、触れております 愚息が所属しております
    祇園北高校 野球部が、昨日、夏の選手権の2回戦を突破し
    3回戦進出が決まりました。

    3回戦の対戦相手は、全国にも名をとどろかす「広陵高校」です
    とても足元にも及ばない強豪校ですが、せめて応援だけでも
    広陵に勝るよう、一人でも多くの方に 足を運んで頂き
    祇園北高校 野球部を 後押しして頂ければと存じます。

    今後の天候で日程が変わらなければ

    2013年7月21日(日)マツダスタジアム 第一試合 10:00~ 
    予定です

    学校からも、吹奏楽部初め大応援団?となる予定ですが・・
    相手は広陵ですので、一人でも多くの方の声援をお願いできればと存じます。

    なお、その日は、Maritは県リーグがコカスタで予定されています。
    Marit関係者は、コカスタの地より、広陵関係のご父兄もおられますが・・・
    良い試合になりますよう、声援お願い致します。


    追伸ですが、 

    フリーゾーンに貼り付けております
    「広島Blog」のバナーですが、最近ポイントが下降し 寂しくなっております
    ポイントが高い順番に、広島Blog さんで、このブログが紹介されますので
    できれば「クリック」ご協力ください。

    いろいろお願いばかりですみません。

    もう少ししたら、本ブログ更新も頑張っていきます!




    タグ :

    ◆ ヤット選手の本読んでます(基本が大事!)

     2013-07-08
    ここのところ、Maritのゲーム等の観戦から少し遠のいており
    梅雨も重なり・・・ちょっとサッカーから遠ざかっておりました。

    でも、こんな梅雨時期には、雨音をBGMに読書に浸るのも、ひとつの選択肢
    休日の過ごし方・・・

    今、手にしているのは、ヤットこと「遠藤保仁」選手の「自然体」って本です。
    アマゾンで、本体価格なんと7円、送料250円で手に入れました。
    (でも、遠藤選手の本が、中古とはいえ7円ってのも、
    ちょっと複雑な心境ですが

    その冒頭で、遠藤選手が述べてる事・・・

    「上手くなるほど、基本が大事」

    その基本とは・・・・遠藤選手にとっての基本とは・・・
    彼が、鹿児島は桜島中学で、指示を受けた顧問の先生より
    徹底的に、練習させられたという・・・

    それは、「止めて蹴る

    プロでもちゃんとできてない人は多いという。
    でも、「止めて蹴る」って・・・???

    そこで、「止めて蹴る」って具体的には、どう言う事??
    調べてみると、以下のような記事が・・・解りやすかったので紹介しますね。
     
      サッカーを始めて、一番最初に覚えるインサイドのトラップとキック。
     簡単そうで、これがきちんと出来ていない人は意外と多いそうだ。

      アップなどで1対1の対面パスはよくやってますよね。
      でも、多くの人がやっているのは、ただなんとなく止めて、ただなんとなく蹴っているだけ。
      実はかなり、適当にやっていることが多い。

      ボールを止めるというのは、ただ単に止めればいいのではなく。どこに止めるかが、とても大事。
      ボールをトラップするのではなく、ボールをコントロールするって事。

      例えば、右足でトラップすると、自分は右足の前にしか止めることができない。
      右足の前に止めるから、もちろん右足でしか蹴れない。
      しかし、一番理想的なのは、右にもパスが出せる、左にもパスが出せる、ドリブルもできる。
    そういった選択肢が多い状況を作り出すこと。
      その方が優位だし、相手のディフェンスを混乱させることもできる。

      右足の前にしかトラップできないと、選択肢を自ら狭めてしまうことになる。
      右足と左足の間、どちらの足でも蹴れる場所にコントロールできなければならない。
      さらに言えば、短い距離を蹴るのか、長い距離を蹴るのかによって、ボールを止める位置は変わってくる。

      短い距離を蹴るなら、ボールは足下にあった方がいい。
      長い距離を蹴るなら、一歩踏み込む位置にあった方がいい。
      自分が蹴りやすい場所は、どこなのか。それを考えて、その位置にピタリボールを収める。
      それこそが、ボールコントロールというもの。

      トラップでも、緩いボールなら足下に収めることができるのだけれど。
    ちょっと強いボールがくると、足に当てるのがやっと。
      ボールは足下に収まらなくて前へと転がってしまう。
    すなわち、せっかくパスをもらってもトラップが大きくて、すぐに相手ボールになってしまう。

      そうかと思えば、ボールが足下に入ってしまって。一歩下がらないと、ボールが蹴れない。
      もしくは、ボールを前に転がさないと、蹴ることができないことができない。
    と言った場合は当然、動作が一つ増えて。その分、プレイが遅くなる。
      相手ディフェンスが寄ってくる時間を与えてしまう。
      蹴るのも、なんとなく相手の足下辺りに蹴っているだけ。相手の右足なのか?、相手の左足なのか?
    そこまで考えて、出していない。
      何のプレッシャーもない、単なるアップのときからそうなのだから・・・
    プレッシャーのある試合の中では、正確なパスなんてとても出せやしない。

      ボールを止める、ボールを蹴るは、サッカーの基本中の基本。
      まずは原点に立ち返って、基本的なことをちゃんとできるようにしたいもの。


    また、別の記事には、練習だけでなく、試合観戦からも、「止めて蹴る」を
    意識し、レベルアップに繋がる方法が紹介せれています。

     試合を観戦している時、まず見ていただきたいのは選手たちの"ボールを止めて蹴る"というプレーです。
     当たり前のことで、可笑しいかもしれませんが、これがサッカーの基本中の基本なんです。
     この一連の動作をスムーズにできる選手というのは高い技術を持っているということなのです。
     プロの選手なら"止めて蹴る"の動作は1秒以内が普通です。
     そこには素早さとともにイメージしたところへ、きちんとボールを送れるか、という正確性も求められます。
     さらに、その時の選手たちのキックの種類にも注目してみてください。
     インサイド、アウトサイド、インステップ、ボレーキックなど正確なパスを出すために、
     プロの選手たちは、どのようなキックを選択しているのか、注意深く見てみると参考になると思います。

     これらは2タッチでの動作ですが、ダイレクトプレーの上手な選手にも注目すると、さらに勉強になると思います。
     Jリーガーだとガンバ大阪の遠藤保仁選手は1タッチでプレーすることがとても上手です。
     パスはもちろんですが、シュートも楽々とダイレクトでやってみせます。
     ボールコントロールの技術が高いというのも、それを可能にしている理由の1つとしてありますが、
     常に先のプレーをイメージしているからこそできるのです。多くの試合を観戦しているとわかってくると思いますが、
     こういったダイレクトでのプレーが上手い選手というのは中盤のプレーヤーに多い傾向があります。
     まさにチームの心臓的役割の選手ですね。

     また、このポジションの選手は、どうしてもプレッシャーの掛かるエリアでのプレーが多くなってきます。
     そういった選手が、どの状況でダイレクトや2タッチでプレーしているのか、細かい部分に注目してみると、より勉強になると思います


    遠藤選手は、本の中でこう言っています・・・

    「高いレベルに行けばいくほど、基本が大事だ」

    止めて⇒蹴る。基本中の基本。これを重んじている選手の一人。それがヤット選手です。

    日頃の何の気ないプレー。 意識をひとつ加えるだけで、上達度は各段と違ってきます。
    何気ないワントラップ、無意識のパス交換。
    これら一つ一つに、自分の意思=「ここに止めるんだ」「ここに出すんだ」という意識を持って取組む。
    それが1本、1時間、1日、1週間、1カ月、1年、3年と積み重なると
    意識してる人と、そうでない人との実力には、大きな差が出る事は、間違いないと思います。

    1本のパス、1日の練習を 大切に・・・・

    次回以降、この本から何か紹介できたらと思います。

    なが~い 文面ですが ぜひMaritのみんな、読んで日頃の練習に活かしてほしいな


    タグ :

    ◆ 感動したお話し

     2013-07-01
    またまた Maritからは 話が少しずれるのですが
    少しお付き合いください 

    今週末、広島県高等学校野球選手権の抽選会がありました。
    いわゆる夏権(ナツケン)=甲子園に繋がる大会です。
    毎年、抽選日に合わせ、選手・保護者合同の激励会と言うのが開らかれ
    学校の駐輪場を会場に、みんなで「勝利」に願掛けし「カツ弁当」を食します。

    その会で、毎年、最高学年=最後の夏となる、選手一人ひとりが
    「決意表明」と称し、各自の夏権への想いを、みんなの前で一言ずつ述べるのが
    恒例となっております。

    28名の3年生が一人一人想いを語る中、最後にキャプテンのUくんが
    挨拶を行ったエピソードです。
    非常に心打たれ感激を受けたので紹介させてください。

    そのキャプテンのUくん。小学校、中学校時代と広島県でもトップレベルのクラブチームで
    レギュラーを張っていた彼。小学校の頃から、彼の存在はよ~く知っておりました。
    特に中学時代は同じ河川敷隣り合わせのグランドでライバルチームとして日々顔を合わせていたものです。
    彼のチームメイトには、プロ野球選手を父に持つNくんをはじめ、
    現在県内屈指の強豪校でレギュラーとして活躍している選手ばかり。
    当然、彼もこの学校でレギュラーは当然なものと私自身も思っていました。
    しかし、この秋、新チーム結成時、キャプテンにも選ばれた彼が渡された背番号は「19」。
    そして新チームで初めて挑んだ秋季リーグ戦のスタメンに彼の名前はありませんでした。

    決意表明の冒頭、彼はその事に触れました。
    「自分は小学校・中学校とずっとレギュラーだった。高校でもそうだと思い込んでいた。
    しかし、新チーム秋季大会のスタメンに自分の名前が無かった。ショックと悔しさとで
    ベンチで声も出さず自分の事で頭がいっぱいであったと・・・。
    でも、始めて気がついたそうです。自分が今までレギュラーであたり前のように試合に出ている最中も
    ベンチで声を出し、いろんなところでサポートしてくれている人がいた事に。
    そういう立場になって初めて見えていたものや、気がついた事があったと・・・・。
    自分は今までそういった事に全く気が付いていなかったし解っていなかったと・・・・。
    本大会まで残りの2週間。悔いのないよう自分にできる事を精一杯頑張りますと・・・。
    お辞儀をした彼の眼から、涙がポロポロ落ちるのが遠目にも解りました。


    彼の悔しさは、この挨拶を聞かずとも今まで彼の姿を見ているだけで十分に伝わるものがありました。
    また、実は何の因果か、彼のお父さんと私は同郷で、
    偶然にも弟さん(ちょっとややこしい表現ですが、要するに彼の叔父さんに当たる人)は、
    何と私の高校時代のクラブの後輩でなんですね。
    そういったご縁もあって、お父さんからも、家で彼が悔しい想いをぶつける場も無く、
    もがき苦しんでいる姿を伺っていましたから・・・

    でも、彼の挨拶を聞いた時、彼は確かにレギュラーを獲得する事はできなかったかもしれない
    (まだ大会始まってないのでチャンスはあると思いますが・・)
    今は、悔しさや後悔でいっぱいかもしれません。
    今はレギュラーが取れるか否かは、彼にとって大変重要な事かもしれません。
    しかし、長い人生で考えた時、どの子が偉くて、どの子がダメな子なんて差は無いし、
    スタメンだろうが、ベンチだろうが、スタンドで応援してようが、その立場で人間の価値が決まる訳ではない。
    そう考えたら、レギュラ―獲得する事以上に大きな財産を、彼はこの3年間で獲得した事は間違いないと思います。この経験が、後の彼の人生で非常に大きな糧になる事と確信しています。

    最後に監督さんが挨拶でも触れられました。
    夏権と言う大会は、この夏、全国で1回も負けなかった1チームだけが優勝を手にする。
    それ以外のチームは、どのチームも1回だけ負けて夏を終える。
    優勝校以外は全部1回だけ負けたチーム。1回負けたらおしまい。それが夏権だ。と・・・・
    だからこそ、9人だけが野球をするのでなく、ベンチにいるもの、スタンドで応援するもの、
    あらゆるすべての力を集結して勝利をもぎ取りに行かないと勝てない。
    どんな相手、どんな場所でも「決して楽な試合なんて1試合もない」・・・と話されました。

     私は悔いのない人生なんてない・・・と思っています。
     自分なりに一生懸命やったつもりでも、なかなかうまくいかない・・・
     むしろ上手くいかない事の方が圧倒的に多い・・・
     それでも、諦めず一生懸命に努力をしなければ、わずかな成功や喜びも得られない
     だから後悔しながら、悔し涙を流しながら、わずかな喜びや成功を求め
     今日も汗を流しましょう

    長々お付き合いありがとうございました。

    高校球児、どの学校の、どの選手にも、大なり小なり心打たれる秘話が有るはず・・・
    すべての選手にとって、素敵な忘れられない夏になりますように・・・・


    タグ :

    ◆ 広島大学とトレマッチ

     2013-07-01
    今日は広島大学さんと
    トレマッチを行いました

    30分のゲームを3本行いました

    先日の県リーグで対戦し何度か
    いい場面を作れていたし
    そういった面でも、どこまで食らい付いて行けるか----

    今日は息子さまのクラブ行事で観戦できてないので
    ゲーム内容や感想など
    選手やサポーターの方のからコメント、投稿いただけるとうれしいです
    よろしくお願いします
    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫