2012年 今年をちょっと振り返って

     2012-12-30
    2012年 今年をちょっと振り返って・・・・

    2012年の主要大会をちょっと振り返ってみました

    ◆フジタ杯(2012年1月) ベスト4準決勝進出

    年初めのスタートは例年「フジタ杯」だよね
    今年は、スタートダッシュとしては最高のスタートだったね
    正直、決勝進出を確信してたんだけど・・・・まだまだ課題の多さを痛感した大会になったね

    1回戦  VS 沼田高校     4-0 〇
    2回戦  VS 明王台高校    8-0 〇
    3回戦  VS 青崎HANAKO 2-0 〇
    準決勝  VS ベラトリックス  2-2 (PK 2-3) X

    ◆リベリーノ杯(2012年4月)

    ジュニアメンバーのみで参加した大会。この大会で、MatsumiやMahoが、Maritの選手と
    一緒にプレーするきっかけとなった貴重な大会だね
    写真を見ると懐かしい・・・みんなすっかりお姉さんになってきたね
    いろんなチームの女子小学生の協力を得て、ジュニア女子単独での大会参加は、
    とても貴重な経験となりました。大河SCのみなさん大変お世話になりました。

    t_IMG_9368.jpg

    ◆おしひめカップ(2012年4月) 1位になりました。

    例年、備後府中TAM’Sさんのお声掛けにより、府中市小野神社のおしひめ祭に並行し
    開催されているプライベート大会です。桜咲く中、お祭り会場も隣接しており、
    屋台なども多数出店しており、府中市名物「府中焼き」をはじめ多くの味覚が楽しめるのも
    楽しみの一つです。
    いつもお招きいただきありがとうございます
    表彰式
    P1070931.jpg
    FC Terra さんと櫻の木の下で…
    P1070917.jpg


    ◆西日本高校女子サッカー大会(2012年5月)

    今年はフレンドリーマッチとしての参加となりましたが、西日本の高校女子サッカーチームが一堂に集結し、日ノ本や福井工大、作陽といった他県の強豪校のプレーを体感できる貴重な時間となりました。

    ◆もみじレディース杯(2012年5月)3回戦敗退

    1回戦2回戦と危なげなく勝ち進み、鬼門となる文教女子戦。
    昨年までMaritのキャプテンを勤めていたHanakoとの師妹対決となりました。
    何とか1点は取ったものの、1-4で奇しくも敗退。このゲームに勝っていれば、話題の「アンジュビオレ」
    との準決勝となっていたのですが・・・・
    t_IMG_1030.jpg

    ◆全日本女子ユース(U-15) (2012年6月) 中国大会出場準決勝敗退

    県大会を勝ち進み、中国大会に進出し記念すべき大会となった。
    中国大会1回戦、山口代表のFC REVEに 1-0で勝利。
    準決勝は、湯郷Bellの下部組織である湯郷Bellespoireとの対戦。
    1-8と完敗に終わった。課題をたくさん残すゲームとなったね。
    選手・指導者・保護者それぞれの立場でいろいろと考えさせられる大会になったね
    でも、この敗北がきっと来年以降のMaritの成長の糧になるはずだ!
    いや、そうしなければならないね。この負けを忘れちゃいけない

    ◆広島県女子サッカー選手権 (2012年8月) 初戦敗退

    組み合わせを見た段階で、3回戦 廿日市FC、準決勝 アンジュビオレ このあたりが鬼門か
    と勝手な想像をしていたのですが、初戦の吉島FC戦で敗退。
    全日本ユースでの躓き以降、県リーグでも、どうも調子があがらず、チームとしても
    苦しい時期だったね。でもこうした苦しい時期をどう乗り越えていくかが、
    チームとしても、個人としても成長に繋がるのだと思うよ

    ◆全日本女子ユース(U-22) (2012年10月)準決勝敗退(=初戦敗退)

    これまでU-18で行われていた大会が、今年度からU-22の大会となった。
    中学生以下のみで構成されるチームは参加できない。
    また。高体連の女子チームも参加できない。(=文教や山陽女子はエントリーできない)
    そのため、この大会も中国大会への切符は十分に可能性がある大会である。
    MaritはRyoko、Akaneの参加で出場要件を加味している。
    初戦、備後府中TAM'Sとの準決勝(=初戦)。前半を1-0とMaritのリードで折り返したものの・・
    本大会はU-22の大会で、前後半40分ハーフで行われる。40分ハーフのゲームはU-15では
    そうそうあるものではない・・・しかし心配が的中、後半は足が止まり、防戦がつづく
    後半の早い時間帯に逆転を許した。終盤1点取り追い上げるも届かず・・・・
    練習日以外に、走りこみなど、個々でできる平日のトレーニングなども課題として浮き彫りに・・・
    t_IMG_5566.jpg
    t_IMG_5616.jpg

    ちなみにTAM'Sが中国大会を制し、全国大会への切符を手にした。
    ってことは、Maritだってもう少し力をつければ、全国にも手が届く・・・
    まだまだ発展途上!上を目指そう!可能性は秘めているのだから・・・

    TAM’Sには、故郷の知人の娘さんが所属しており、全国大会出場の寄せ書きに
    メールを通じて一言激励のメッセージをお送りしました。
    新年早々の大会です。健闘をお祈りいたします。

    ********************

    主要大会の結果のみとなっていますが、今年のゲームを振り返ってみました。
    年明け新年は、またフジタ杯がスタートになります。
    中3のメンバーとのカップ戦は最後になります。結果はどうあれ
    最後まで諦めず、走り抜く!そんな懸命なサッカーを期待しています!

    スポンサーサイト
    タグ :

    蹴納 

     2012-12-30
    2012.12.27 蹴納(at 安佐中学校)

    27日は2012年の蹴り納め練習日となりました。
    OGも多数参加し、寒さに負けず 今年最後の練習が熱く行われました。

    今年も1年間、みんなお疲れ様でした

    みんな、どんな1年でしたか?
    中3年生は、いよいよ高校進学が目の前に迫ってきたね
    体調管理に気を付けて、目標に向かって、よい時間を過ごして欲しいと思います
    がんばれっ

    ライラのジュニアメンバーも、いよいよ本格的にMaritの一員としての活動スタートです
    毎日の練習に、目的意識や課題を自分なりに設定して、一歩ずつ レベルアップして行こう
    Hina,Nazu,MahoがU-15に、アップするとRihoのみになっちゃう・・・・とみんな心配してたけど・・・
    新たに、2名ジュニアメンバーも加入し、
    ライラも、Rihoを中心に、新年以降より熱く活動してくれる事と期待感いっぱいです

    新しい年が、Marit関係者みなさんにとって、素晴らしい年になりますように







    タグ :

    安佐南区 女子練習会 参加

     2012-12-23
    安佐南区 女子練習会 参加

    午前中の山陽高校での練習試合に続き、ジュニアは 16:30~ 大塚小学校での
    安佐南区 女子練習会に参加しました。

    Maritからは、Hina、Maho が参加。Mahoは初参加となりました。

    ジュニアに加えて、中学生がお手伝いで参加。
    大塚OGのHitomi、緑井OGのNastumi、伴OGのYuka、Marit生え抜けのNichika の4名
    がサポートで参加してくれました。

    比較的、低学年の女子が多く参加してました。
    ランニング・体操の後は、「サッカー版だるまさんが転んだ」を全員参加で実施。
    グランド全体を使って、全員参加でドリブルしながらの だるまさんが転んだ・・は
    なかなかの迫力! 遊び心を入れて コーチの方もいろいろアイデアを凝らしてらしゃいます。
    121222_165516.jpg

    Hitomiは、Maritでもそうですが、ここ安佐南区 女子練習でも、ちびっこの人気者です。
    Maritでは、いつも最年少のRihoの相手をしている優しいHitomi
    自然と彼女の周りには、ちびっこが集まるね!

    日没後は、照明に明かりが入り、
    練習中に、罰ゲームで課せられた 童謡「ぞうさん」の歌声が響く、和やかなムードの中
    徐々に実戦に近いメニューに・・・・罰ゲームのチームは、MaritのYukaを中心に、円陣を組むたびに
    新たな童謡が・・・・歌われ・・・楽しい雰囲気の中、あっという間にお時間・・・。
    121222_184123.jpg
    最後に全員で円陣を組み、コーチから、サポートで参加のMarit中学生の紹介・お礼をいただきました。
    前回、Nao,Sai,Natsumiが参加してくれた時も、そうだったのですが
    片づけを、Maritの中学生が率先してやっている姿に・・・「なかなかやるじゃん」流石です!

    こうして陰ながらMaritの選手が、地域の女子サッカーに関わり、サポートしていく事で
    Maritの認知度も上がってくると思うし、安佐南区の指導者のみなさんにも
    Maritのオフ・ザ・ピッチでの姿勢を見ていただければと思っています。

    そして、安佐南区女子のあこがれの的となるよう、頑張れMarit娘!

    タグ :

    VS 能美中 練習試合

     2012-12-23

    VS 能美中 練習試合

    12/22(土) 山陽高校グランド にて 能美中 との練習試合が行われました。

    Marit および 山陽高校 女子サッカー部 の合同チームで、能美中学校さんと

    25分×1、15分×2、25分×1 計4本 のトレマッチを行いました。

    山陽高校女子サッカー部さんは、まだ歴史は浅いチームで、学校も男女共学に
    移行してから、活動を開始され創設期の厳しい環境の中、今まさに歴史を築こうと
    尽力されておられるチームです。
    Maritからも今年、Akaneが進学し頑張っています。

    混合チームということで、なかなか息が合わない場面もありましたが
    徐々にコミュニケーションも取れてきたかな・・・

    男子相手ということで、押され気味の展開でしたが
    女子にはない、スピードや間、ボール感を肌で体感でき、貴重な時間となりました。
    男子とゲームをすることも、大変意義があると感じる試合でした。(見学者談)

    久々 OGのAkane、Karenの顔も見れて、よかったね!
    タグ :

    皇后杯 準々決勝 広島大会 観戦

     2012-12-16
    皇后杯 準々決勝 広島大会 湯郷Bell VS 伊賀FC を観戦しました。

    女子U-12 中地区トレセンのみんなで観戦ということで参加しましたが昨日の合同トレセン参加者に比べ非常に少ない人数でした。昨年も同様の観戦会(昨年はINAC神戸のゲームがあったので… 子供たちにも認知度の高い選手が出場したからね…)がありましたが、所属チームの試合や、サンフレッチェの優勝パレードと重なっていたこともあってか ちょっと寂しい感じでした。

    ゲーム自体は、伊賀FCが再三ゴールに迫る機会が多かったですが、得点差以上にチャンスは多かったと思います。逆に、Bellは宮間選手からの1本のパスでチャンスを一気に作る展開で、数少ないチャンスから相手を脅かすといった展開でした。結果 Bell(1)-伊賀FC(2) 伊賀FCの勝利でした。

    121216_bellvskunoiti.jpg


    Bellはホームがお隣の岡山県ということもあり、Bellのホームゲーム的なイメージでいたのですが、伊賀FCには、地元広島出身の選手が2名おり、熱烈な応援団がスタンドから熱い声援を送っておられ、どちらかと言えば、伊賀FCのホームゲームといった様子でした。

    のちにネットで調べると、藤本選手、武田選手の二名が広島出身選手のようで、藤本選手は伊賀FCに所属するまでは大河FCの所属(ってことはANさんやTeruさんと伴にプレーしてたんだね)、山陽女子高出身の選手。武田選手は文教女子高の出身選手でした。武田選手は、今日はベンチ外だったようで、なんと私の後ろの席でチームメイトと観戦されておられました。スタント観戦者からも「おかえり!」といった声掛けも多く交わされ、地元の暖かさを他人ながら素敵な光景だな って感じました。

    近い将来 Marit出身の選手が、なでしこリーグなどTOPチームの選手、なでしこJAPAN として凱旋してくれる日を楽しみにしています!! その時は絶対に応援に行くからね!!

    ちなみに、第二試合は 日テレ VS 千葉ユナイテッド の試合があり 延長PKの末 千葉が勝利しました。
    14:00 開始のゲーム ってことは サンフレッチェの優勝パレードと完全にダブってる。観客席も一気に人が減っちゃっていました。実は私も所用で退散(パレードに行った訳ではないのですが…)岩清水選手、アップまでは見れたのですがゲームは残念ながら見れませんでした。

    どなたか、優勝パレード参加の方は、様子をレポート投稿いただけるとうれしいです。カープも昭和50年の初優勝時のパレードは未だ伝説になっていますよね。広島市民が100m道路を埋め尽くした…。そこまではいかないかな?でも、カープもそれ以来、日本一になった際もパレードはないようなのですが、サッカーの場合はアジアチャンピオンズリーグもあるし、今やっているクラブW杯もあるし、まだまだリーグ優勝ごときで満足できないっすよ!

    Maritも、一昨年の県リーグ優勝、今シーズンの全日本ユース(U-15)中国大会出場と一歩ずづ、ステップアップしてます。次は全国めざして日々の練習をかんばろう!!






    タグ :

    ジュニア 合同トレセン

     2012-12-15
    12/15 広島県のジュニア女子合同(中地区・東地区・西地区)トレセンが文教女子高グランドにて行われました。Maritからは、Maho、Hinaが参加しました。昨夜は結構、雨が激しかったので天候が心配でしたが、午前中は雨もやんで無事トレセンが行われました。(さすが人口芝はいいっすね)。ちなみに西区SCで予定されていた、Maritの練習はグランドコンディション不良のため中止となりました。

    Hinaは先週来の風邪気味の体調でしたが、今週、定期練習に参加できていなかった、うっぷんもあってか積極的にボールに絡んでプレーしていました。Mahoも、先週のゲームで足を負傷し万全でない体調の中でも、持ち前の身体能力とテクニックを活かして頑張っていました。

    121215_toresen.jpg


    12月に入り、6年生はそろそろ、今後の進路(所属チーム)について考え始める時期となっています。ぜひ一人でも多くの選手が、Maritに興味を持ってほしいものです・・・・
    って事で、見学しておられる保護者の方に「マリットの選手募集チラシ」を配布してきました!!
    約20枚すべて配布しましたが…どうかな???

    とにかく まずは体験にお越しくだされば、よりMaritの良さが分かってもらえると思うので
    遠慮なく、ご参加ください 

    タグ :

    8人制サッカー大会(1日目:庄原、2日目:文教女子)

     2012-12-09
    12/8-9 8人制サッカー大会に参加しました。
    初日は、庄原運動公園にて、山陽女子高・明王台高・文教女子大学・広島大学・青崎Clover's(A)・(B)・Maritの7チームの参加で、一時吹雪の中、行われました。12月に入りぐっと冷え込んだうえに、県北庄原が会場ということで、寒さとの戦いでもあったかな?参加メンバー談では、Nichikaがとってもいい動きを見せ、積極的に攻撃参加しシュートを放っていたようです。

    2日目は、文教女子グランドにて、文教女子高・山陽女子高・明王台高・祇園北高・広島大学・Maritの6チームで行われました。昨日に続き、今日も雪交じりの極寒の中、高校生・大学生の胸を借りて、Maritの選手も連日、「熱いプレー」でがんばりました!
    2012-12-9 yuki

    控え選手へANさんから…どんな指示が??? 
    2012-12-9 AN

    勝ったり、負けたり…細かな結果は??? いろんなレベルの学校、選手がそれぞれの課題、レベルアップを目的に切磋琢磨! MaritのOG達も、頑張っている姿みれました
    高校生・大学生に混じり、中学・小学生のMarit選手がプレーさせていただける環境に感謝です!!

    これが当たり前の環境でないって事。もっと選手が意識できれば、1ゲーム1ゲームをもっと大事にプレーできるはず。この1ゲームが、大事な1戦である。という意識を常に持って試合に望めれれば、もっと勝負強くなれるで~

    Marit選手の一番の恩返し=それはみんがもっと上手くなって、お姉さん達の良き対戦相手にレベルアップする事かな  

    追伸:クラブW杯 残念ながらサンフレ敗退 決定的チャンスできっちり決める事のむつかしさと大切さを痛感するゲームでしたね プロもアマも一緒やね

    タグ :

    超回復(敗北から成長が生まれる)

     2012-12-08
    昨日の「青山選手のゴール」のコラムで紹介しました。櫻内さんの作陽高校サッカー部のエピソード。サッカーを嫌いになってしまうほどの精神的ダメージを受けて、心理的にもどん底に落ち込んだ彼らの心の回帰の原点は「サッカーを楽しむ」=いたってシンプルであり、サッカーの根源・・・であったとの話です。

    昨今のJリーグは、まさに下剋上の時代。かつてのビッグクラブと言えども、J2降格を目の当たりに突きつけられる。そんな状況です。しかし逆を言えば、J2から昇格したチームや、予算的にクラブ運営がきびしい(大きな選手補強ができない)チームが結果を残している。

    今季Jチャンプのサンフレも5年前J2降格を味わっている。しかも、チームは赤字。せっかく育成した選手も力が付けばビッグクラブへ、海外へと移籍。慰留する予算など持ち得ないチームである。
    昨年のJチャンプの柏レイソルもJ2から昇格1年目でJI制覇。今季サンフレと首位を争ったベガルタ仙台もJ2から昇格間もないチーム。同じくJ1堂々の5位のサガン鳥栖も今年昇格組。今年の天皇杯、惜しくも準優勝の京都パープルサンガもJ2のチーム。どのチームも崖っぷちから這い上がってきたチームばかりだ。

    一度大きな挫折を味わい、それをバネに光の当たる場所へ舞い戻ってきた

    Maritには、決して輝かしい大きな実績・タイトルがあるわけではない・・
    昨年、県リーグ優勝するも中国リーグ入れ替え戦で敗退・・・
    今年、全日本ユース(U-15)中国大会に初出場するも、湯郷Bellに大敗し全国への道を断たれる・・・
    また、全日本女子ユース(U-22)も広島県大会で1点差で逆転負けした 備後府中TAM-S が
    結果的に中国地区大会を制し、全国へ・・・
    いつもあと一歩のところで結果を出せずにいる。

    女子は、U-15の大会から社会人の大会まで、幅広いカテゴリのチームと対戦する。そうでなければトーナメントやリーグが成り立たない面もある。県リーグでは、大学生や主婦、歳の差?0歳という選手と日々対戦している。上に制限はないが、ジュニア(小学生)が出場可能な大会は非常に少ない。(体格などの問題もあっての事と思います)

    しかし、私は極力、娘を出場できない大会であろうとMaritの試合に連れて行き、ベンチに帯同させるようにしています。また本人も応援に行きたいと・・・。私は、敗北し肩を落とす先輩の姿を、しっかりと目に記憶に焼き付けてほしいと思っています。この屈辱を、彼女自身も共有し、次へのバネにし明日への原動力にしてほしいと願ってやまないのです。(あいつ、そこらへん解ってくれてんのかな???)
    harftime

    「超回復」 = 一度骨折した箇所は、再生する際、骨折前より強く太くなる。筋トレで破壊された筋細胞は、回復する際、以前よりより強く太い筋繊維になり回復する。という説(異論もあるようですが・・)屈辱を味わった奴はただでは起き上がんないよ。必ず前より強くなって復活してくるって事だね

    広島には、Clover's という 絶対的強豪チームがある。県下トップクラスのジュニア女子選手は、ほとんどがClover'sの門をたたく。強いものにあこがれる=当たり前のことだ。巨人・大鵬・卵やき(ちょい古いな)の時代から、そのまた昔から変わってやいないし、至極当然の心理である。
    じゃあいつまでたってもMaritは勝てないのか?? 選手のレベルが低いのか???
    いやいや、ちょいと待ってください・・・・いい選手 いっぱいいますよ!!彼女たちは、サッカーを楽しむって事を見ている私たちにも教えてくれます。

    でも、いつも常勝ってわけにいかない・・・だから頑張るんです。人間だもの(あいだみつお風ってか、そのまんま)
    「好きこそものの上手なり!」娘等よ、もっともっとサッカーを楽しんで!! Maritはそれができるチームだから、そうすれば、絶対上手くなれる間違いない


    タグ :

    クラブW杯 サンフレ 青山選手のゴール

     2012-12-06
    今日の広島サッカー界の話題は、クラブW杯 サンフレッチェの初勝利!!この話題に尽きるでしょう。その勝利を導いたのは、No.6 青山敏広選手。

    彼のゴールの魅力は、ミドルレンジからの豪快な長距離砲今年のJリーグでも、マリノス戦で繰り出した63mのスーパーロングゴールはJリーグ史上に残る一本となったよね。

    今日の一本も、サンフレの輝かしい歴史に刻まれる事、間違いなし! って事で青山選手のゴールは、何かしらみんなの記憶に残るっーか、インパクトのあるゴールだよね。

    青山ファンならご存知かと思いますが、彼のゴールには華やかな記憶に残るゴールだけでなく、重く苦しい記憶に残るゴールもあるんです。彼が高校3年生の時、作陽高校のイレブンとして挑んだ高校サッカー選手権岡山県大会決勝戦。1-1のまま延長戦。青山選手の放ったミドルシュートはゴールマウスを破り、延長Vゴール。作陽の選手は全国への切符を手にしたかに思えたのだが・・・・誤審により、ゴールは認められず、延長戦もドロー。その後のPK戦の末、対戦相手の水島工業が勝利するという結果になった。

    このゲームは当時マスコミにも全国的にも取りだたされ、両チームの選手・指導者、審判員、その他多くの関係者が辛く非情な思いを抱え、多くの方が心に傷を負った事件となりました。そういった苦悩をも乗り越えて、今こうして、あの幻のゴールの当事者であった青山選手が、堂々と世界相手にプレーしている姿は、当時の関係者にとっても、本当にうれしい事ではないでしょうか?

    数々の苦境を乗り越え、今の地位を築いた苦労人。それが、真のサンフレチェの精神的支柱=青山敏広ではないかと私は思います。

    最後に、当時青山選手とともに作陽高校でプレーし、作陽高キャプテンを務めていた櫻内さんが語った当時の苦悩のエピソードを紹介します。ぜひ、ご一読ください!
    http://ameblo.jp/atsu1982/entry-10017690378.html



    タグ :

    Naoが、ナショナルトレセン女子U-15 に選考されたよ!!

     2012-12-06
    Marit キャプテンのNaoが、12/14~17の3日間、大阪 堺のJ-green堺で行われる、ナショナルトレセン女子U-15の中国地域選考メンバーに選ばれました。中国地域から14名、広島県からは7名の選考。Nao以外は、全員CLover'sの選手だけど、唯一、Clover's以外のチームから、MaritのNaoが選考されました。 おめでとう~

    ナショトレにMaritから選手が参加する事は、本当に誇らしいことですね。Nao自身にとっても、チームにとっても、貴重な経験になることと察します。ぜひ、思う存分、Naoらしいプレーを、Marit魂を、アピールしてきて欲しいですね。

    そして、その貴重な体験をぜひチームの他のメンバーに伝えて、Maritの財産にしてほしいものです。

    Naoの、オン・ザ・ピッチでの攻守両面において常に献身的に、運動量を惜しまず関わっていくプレースタイルはもちろんの事、オフ・ザ・ピッチでの礼儀正しさや気配りなど、いろんな面でお手本になる選手だと思います。今回の選出は、真の努力家の努力の賜物ではないかと思います。

    ちなみに、Naoが参加する J-green堺って、すんげー施設だよ
    こんな 化けもんみたいな施設です・・・・
    http://j-green-sakai.jp/outline/
    こんな環境でプレーできたら気持ちいだろうね!

    うん? そう君たちにも、安佐中・安小とj-greenに負けるとも劣らない?立派な練習の場があるではないか、各自が今のレベルから一歩でも、さらに上のステージを目ざして、一日一日の練習を大事に積み重ねていこう!!

    タグ :

    お疲れ様!GON 中山選手 引退

     2012-12-04
    ◆ GON 中山選手 引退

     コンサドーレ札幌所属の「ゴン中山」こと中山雅史選手が引退を表明されました。

    Marit選手の保護者世代の方々には、カズ選手と並んで、Jリーグ発足から、代表のW杯初出場に至るまで日本サッカー界を牽引してきた、名物FWです。

    私が、特に印象に残っているのは、1995.5.21 広島ビックアーチで行われた、
    キリンカップ 日本代表 VS スコットランド 戦 (なんたって生で観戦)
    日本代表のFWは、カズ・ゴンのツートップ。そう確かサンフレの柳本がスタメン。
    雨の中のゲーム、0-0の非常に地味な試合展開で、素人には特に印象・記憶に残るゲームでは無かったが,今でも、印象に残っているのは、カズ選手とは対照的に、中山選手が、あきらかにタッチラインをきるであろうボールに対しても、常に全力でボールを追い、スライディングで泥んこになりながら最後までボールを追いかける姿です。

    当時TVでの軽いイメージとは違い、大変、献身的に、セーブすることなく走り続ける姿。
    未だに、自分の脳裏に焼き付いています。
    (特に他の選手が、雨天の中、硬直したゲームでテンションが低かったのもあってかな)

    最近2年間で ピッチに立ったのは、先週の3分間のみ・・・との記事も目にしました。
    ひとつ年上のカズ選手が、フットサルであれだけ話題になる最中、
    出番なく、注目も無い中、現役を続けていた彼の気持ちを察すると・・・
    でも、最後まで あきらめることなく 彼らしく走り続けたのではないでしょうか?

    気持ちでプレーする最も代表的な選手では無かったでしょうか

    本当にお疲れ様でした 

    Marit世代には、わかんないかな??




    タグ :

    女子ジュニア世代

     2012-12-02
    ● 女子ジュニア世代の問題

    小学生の世代は、多くの女子選手が、男子混合チームでプレーしておられます。

    ① 大きな体格差がない。
    ② 練習環境として最寄りの小学校など、参加しやすい環境である。
    ③ 近所や同学校の友達とプレーできる。

    こういった点が大きな特徴と思います。

    しかしながら、高学年になるにつれて以下のような課題を抱える事になるケースをよく耳にします。

    ① フィジカル面での差(スピード・パワー)
    ② 思春期を迎えフィジカル・メンタルの変化(体型・思考など)
    ③ チーム方針によっては、ゲームに出れない、ポジションが固定されるなど
    ④ 遠征・合宿など男子との連帯行動における限界

    以上のような問題から、女子選手自身がチーム内で、委縮したり、十分サッカーが楽しめない環境に置かれてしまうことも少なくないようです。

    しかし、ジュニア世代の女子プレーヤーは、まだまだ競技人口も少なく、女子の単独チームは、広島県内でもわずかです。チーム数が少ないがゆえに、小学生の場合は、練習や試合参加においても、送迎など保護者のサポートが必要であり、なかなか充実した環境が整わないのが実態です。

    マリットでもライラ(U-12小学生女子)を発足させましたが、オリジナルメンバーのみでのチーム編成は難しく、他チームの女子選手のサポートをいただき混合チームで試合等を行っている状況です。

    しかし、普段、男子の中で遠慮気味にプレーしている女子選手が、マリット・ライラで一緒に女子単独チームでの試合を経験すると、非常にのびのび、活き活きとプレーしている事が、素人目に見ていても解ります。そして多くのサポート選手が、また機会があったら声をかけて欲しい・一緒に試合に出たい!と言ってくれます。

    そうした女子ジュニア選手の言葉・まなざしに触れる度に、自分自身もとてもうれしい気持ちになります。

    ライラのオリジナルメンバーにとっても貴重な機会であり感謝しています。
    できればこうした機会をもっと増やしていきたいし、すべての女子ジュニア選手が
    遠慮なく思いっきりプレーできる場をよりたくさん設けれるといいな・・・

    マリット・ライラが、その一つの場となるべく今、頑張っています。
    ぜひ、一人でも多くの子供たちにマリット・ライラでのサッカーを体験してもらえればと・・・
    タグ :

    Maritの歴史

     2012-12-02
    Marit(マリット)の歴史

    発足は2008年。 公式HP記載によれば・・・・

    「2007年より1年準備をして、2008年5月、6名の選手と4名の指導者は、レヴァリーズを母体として6名の選手達の保護者と共に協力してマリットとして日本サッカー協会に登録致しました。特に3名の女子指導者と6名の選手には、日々の指導や練習と共にチームを作る特別で大変なワークも加わり、フロンティアスピリット(開拓者精神)の決心が無くてはできない事です。彼女たちの思いと努力の実現のために大いに支援と声援を送りましょう。」

    当時は、まだ「なでしこブーム」前の氷河期。発足時の大変な苦労が文面から伺えます。まだ歴史は浅いですが、
    発足当時のメンバーは、マリットから羽ばたき、県内強豪チームで活躍中であったり、まだまだ裾野の狭い広島女子サッカーの発展に、プレーヤーとして各方面で活躍中です。

    OG進路… アンジュヴィオレ広島・広島文教女子高・山陽女子高・沼田高・山陽高・マリットU-18 ほか



    タグ :

    Maritの紹介

     2012-12-02
      レヴァリーズ広島FCマリット のチーム紹介 

    ● 広島市安佐南区を拠点に、活動している女子サッカーチームです。
       Uー15中学生・小学生の女子サッカーチームです。

    ジュニア・ジュニアユース含めた活動、練習や試合以外のコミュニケーション企画、高校生チームとの合同練習、県内外の女子チームとのゲーム・TRなどマリットならではの取り組みを行っています。

    また、特徴のひとつとして、指導者も女性スタッフを中心に展開し、女性ならではの配慮・交流・コミュニケーションを大事にした指導が行われています。

    女性スタッフ自身も、まだ注目度が低かった時代から、広島女子サッカーをプレーヤーとして牽引し支えてきた一員であり、女子選手のフィジカル・メンタル両面でまさしくよき先輩アドバイザー的存在です!

    とにかく、みんな めっちゃ・むっちゃ 明るい!!
    メンバーみんな楽しんでプレーしています。
    その代り、個性あふれるメンバーばかり・・・(指導者泣かせかな???)

    marit-bus1


    なでしこを目指す選手も、興味ある初心者もサッカー好きな女子であれば大歓迎です!!

    練習参加・体験希望などの連絡先は、「リンク先」マリット公式HP でご確認を!
    また、練習見学・参加など日時場所などは、本ブログのスケジュールなどでご確認ください。



    タグ :

    12月の予定

     2012-12-02
    ◆ 12月の予定 ◆

    12/ 1(SAT) OFF
    12/ 2(SUN) OFF
    12/ 3(MON) 練習(18:30~ at 安佐中学校)
    12/ 5(WED) 練習(17:00~ at 安小学校)
    12/ 6(THR) 練習(18:30~ at 安佐中学校)

    12/ 8(SAT) 庄原遠征(8人制)
    12/ 9(SUN) 庄原遠征(8人制)
    12/10(MON) 練習(18:30~ at 安佐中学校)
    12/12(WED) 練習(17:00~ at 安小学校)
    12/13(THR) 練習(18:30~ at 安佐中学校)

    12/15(SAT) 練習(10:00~ at 西区SC)・ジュニア合同トレセン(10:00~ at 文教高)
    12/16(SUN) ????
    12/17(MON) 練習(18:30~ at 安佐中学校)
    12/19(WED) 練習(17:00~ at 安小学校)
    12/20(THR) 練習(18:30~ at 安佐中学校)

    12/22(SAT) 練習(10:00~ at 西区SC)
    12/23(SUN) ????
    12/24(MON) 練習(18:30~ at 安佐中学校)
    12/26(WED) 練習(17:00~ at 安小学校)
    12/27(THR) 練習(18:30~ at 安佐中学校)=2012 蹴り納め

     新年 1/7 初蹴り(18:30~ at 安佐中学校)

     マリットでは新入部員を募集しています!

    いつでも気軽に練習体験に来てください。初心者でも歓迎です。
    体験申込み等の連絡先などは、FC Marit 公式HP (リンク先参照)でご確認ください。

    みんなでサッカーを楽しむ事を第一に、選手が個性を活かし、
    のびのびサッカーが出来る!! そんなマリットの明るい雰囲気を体験してみてください



    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫