スポンサーサイト

     --------
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
    タグ :

    ◆ こだまでしょうか (PART 2) 

     2017-11-10
    金子みすずさんの「こだまでしょうか」

    この詩の解釈について、いろいろな解釈の仕方があるようです。

    みなさんは、どう解釈されましたか?

    特に、最後の・・・

    「こだまでしょうか? いいえ誰でも。」

    をどう受け止めるかが、この詩の醍醐味ですね。



    先日、映画監督の是枝裕和さんのお話が新聞に載っていました。
    その中で、彼の高校時代の国語の先生の話が出てきます。
    その先生が、授業中はぼそぼそしゃべって、ご自分の意見は言わない先生だったそうなのですが
    その理由を問うと、・・・・

    「僕が教師という立場で意見をいう事で、みなさんの考えを封じ込めたくないのです」との回答。

    当時は理解できなかった、その先生の考えを今になって理解できるようになったそうです。

    映画監督になり、多くの聴視者から、
    「この映画のテーマは何ですか?」と聞かれるそうです。

    その時、「作り手が意識しているテーマなんて、大したことじゃない。
    見る側の人が、多様な感じ方をできるようにつくる。ことこそが大事なんです」
    と思うそうなんですね。

    今にして、やっと当時の国語の先生の想いが理解できた・・・

    というお話。

    是枝


    ということで、
    作り手の想いを探ることも、ひとつの楽しみですし、
    読み手が、自由に今の自分の置かれている立場で、受け止め、咀嚼するのもよし。
    いろんな考え方があっていいのだと思います。

    でも、いつも自分に都合の良い解釈ばかりでは淋しいですよね。
    ほかの人はどう感じたのか? 自分の受け止め方と、どう違うのか?
    それを確認しあう事も、またひとつの面白みではないでしょうか?
    自分以外の感じ方や、受け止め方を 知ることも、また成長に繋がりますよね。


    あはっ! サッカーとは全く関係ない話ですがすみません。

    でも、サッカー人である以前に
    必要な要素は、世の中にはたくさんありますね。

    日々、人生勉強ですね。








    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆ おかげさまで 3周年です。 なんとか続きました。

     2015-11-29
    2015年11月27日 今日で、本ブログ開設から 丸3年が経過します。

    おかげさまで、のらりくらりと 何とかここまで続いています。
    時々、ブログ記事の話題なども お声掛けいただくこともあり
    励みなっております。

    当初のスタートの大目的である マリットの選手の拡充においては
    スタート時と、広島女子サッカー界も 大きく転換しつつあり
    ジュニアユースのチームも増え=選手の選択肢も増え(それ自体はいいことですが・・)
    マリットの選手層を厚くする点においては、このブログ的には十分な貢献ができず
    申し訳なく、力不足を感じております

    いろいろ問題や課題を抱えつつも頑張っている
    選手や指導者の皆様の熱意には、3年間 常に敬意を感じております。

    今後も、より一層の発展を、微力ながら応援できればと思っております。

    少し、歴史を振り返って、当時の初回記事はなんだったか?振り返ってみました。
    スタートは、2012年11月28日 テストデータの送信が1回目です。

    実質の初回投稿は、実は、マリットとは直接は関係がなかったのですが
    マリット所属のジュニア選手が出場した 中国ガールズエイト(2012-11-25開催 コカスタ会場)の
    記事を掲載したのが初回です。

    当時、マリットから参加していたのは(小学生以下の限定)
    Maho、Hina、Riho の3人。が ウエストレディーとして広島代表の1チームとして参加

    どちらかというと、もみじレディース(メイプル)から漏れた子達のセカンドチーム的な
    位置づけであったかと・・・

    でも、大健闘して リーグ優勝したんだよね~

    Miyuu,Koromo,Nao,Nichika,Natsumi のマリット中学生が応援にかけつけてくれたことが
    当時の記事にも記載されています。

    当時のウエストレディーを率いたのが、今も廿日市FCレディース監督の香川さん
    みんな、のびのみプレーさせていただきました。
    gils-eight 2012

    なつかしいメンバーですね

    結局、マリットに残ったのは Hina のみ になっちゃったけど・・・
    この時のメンバー・・・

    Mahoは、マリットからFijitaレディースに・・・・でも とっても残念なことに今年、病に倒れてしまいました。
    Rihoも、抜群のセンスがあったけど、事情で進学を機にマリットを離れました。
    後のメンバーでは・・・
    廿日市FCで中学でも対戦した、Tomoka
    青崎Cloversでプレーする、Kayano、Yuuki
    ヴェラトリクスで、今も合同練習や、コパコカコーラに一緒に参加した Mako
    アンジュヴィオレU-18にいる Narumi などなど

    今は、それぞれ別々のチームや進路となっている子達と 出場した懐かしい大会ですね!
    もうあの時の小学生が、中学を卒業し、高校生になろうとしております。
    この時期の3年間は、成長ぶりが顕著ですね。

    受験、進路選択など、みんな大変な時期かと存じますが悔いなく頑張ってほしいですね

    今後とも、当ブログもマリット同様にご愛顧下さますようよろしくお願い申し上げます。







    タグ :

    ◆ 「大丈夫」とやってみる / 三浦和良

     2015-11-20
    今日の日本経済新聞に三浦和良選手のコラムが掲載されていました。

    記事の内容は、先日行われた W杯アジア二次予選 日本代表 VS カンボジア代表

    この試合は、代表選では珍しく、人工芝のグランドで行われました。
    そのことについての、カズ選手のコラムでした。

    最近は、私立の高校などを中心に、広島でもどんどん人工芝の立派なグランドが増えていますね~

    見た目もよいし、管理も楽で、いいでねよね~

    でも、私も気になっているのは、普段の練習が、こうした好条件のピッチで慣れてしまった時
    大事な試合が、アンツーカー(土)のグランドや、天然芝でも、ボゴボゴのピッチの場合、
    果たして、そうした環境に適応して、普段のパフォーマンスが出せるのだろうか????

    やはり、いろんな条件下での練習=ボールコントロールも、普段から取り入れておく必要があるのでは・・
    と感じます。

    劣悪な環境でも、一定のパフォーマンスを発揮できる技術もそうですが
    気持ち的にも、「大丈夫」!! できる!! 負けない!! と思える

    どんな環境でも、そうした気持ちになれる。
    そういった土壌を心の中に気づくことが、大事だと感じました。

    たしかに、素晴らしいグランドがどんどん整備されて、サッカーの環境が良くなるのはうれしい事です。
    (廿日市GFも、芝を張り替えるようですし・・・)
    しかし、それが当たり前になり、選手の技量が落ちてしまうのは、いかがでしょうか??

    そういった点では、マリットのメイン練習会場=安佐中のグランドは、環境は厳しいけど、訓練にはもってこいかな!?

    昔の県リーグ会場=草津グランドが懐かしいですね~ 特に雨上がりなんて、すごかったですよね。

    2015-11-20.png


    タグ :

    ◆ こだまでしょうか/金子みすず

     2015-11-05
    こだまでしょうか/金子みすず

    「遊ぼう」っていうと
    「遊ぼう」っていう。
     
    「ばか」っていうと
    「ばか」っていう。
     
    「もう遊ばない」っていうと
    「遊ばない」っていう。
     
    そうして、あとで
    さみしくなって、
     
    「ごめんね」っていうと
    「ごめんね」っていう。
     
    こだまでしょうか、
    いいえ、誰でも。




    タグ :

    ◆ ナックルボールを武器にした 女子プロ野球選手を知ってますか?

     2015-09-09
    今日も、新聞記事から・・・・・
    (どうも、最近マリット情報から、ちょいっと離れ気味ですが・・)

    今日は、ナックルボールを武器にした、当時は女子高生投手として、
    マスコミにも取り上げられた、「吉田エリ」さんの記事から・・・

    でも、この記事は、何の記事に乗ってたと思いますか????
    実は、自民党が総裁選を無投票で安倍総裁が再選した・・・という記事に
    なんと、あの田中角栄首相の娘=田中真紀子さん達と、一緒に掲載された記事なんです!
    なんで、ここなのか??? よくわかりませんが・・・
    内容的には、選手たちに読んでほしい内容でしたので、ピックアップしました。
    (でも、たぶん本人は、安倍総裁再選とは無関係に取材を受けた記事と思うけどね

    最近なかなか、ゆっくり本を読むことがないので・・・
    (でも、直近では、又吉さんの「花火」じゃなくて「火花」読みました。ちょいもやっ)
    新聞だけは、毎朝5紙を 超高速ななめ読みをしてます。
    そんななかで、引っかかったものを、時々紹介してます。
    でも、やっぱり安倍さんの再選とは、ちょっと違和感あったなぁ~

    記事の中での、吉田エリちゃんの注目コメント

    1.環境の厳しさよりもこたえたのが、まったく勝てなかったことです・・・・
      (どこかのチームの県リーグ成績と同じじゃ!)

    2.しかし渡米という挑戦を悔いたことは一度もありません。
      大きな体で力強い打球を飛ばす外国選手に負けないためにどうすればいいか?
      自分の頭で考え、努力し続けてきました!

    3.挑戦しなければ何も得られない!


    吉田えり







    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。