◆ 新年 最初の公式戦=6期生最後の公式戦 「ザ・フジタ杯」

     2016-04-02
    新年が明け、2016年最初の公式戦となる「フジタ杯」
    昨年末からの休眠期間から目覚めた マリット戦士たち・・・

    3年生は受験勉強と並行しながらも最後の公式戦に挑みました。
    人数不足は、Hijiriさん、助っ人さんでフォローしていただきました。

    対戦相手は、またしてもバイエルン。

    今シーズン、公式戦では、U-15予選でのベラトリクス戦での1勝のみのマリット
    最後の公式戦で何とか勝利の雄たけびを、聞かせてほしいところですが・・・・・?

    2016-2-6-1.png

    2016-2-6-2.png

    2016-2-6-3.png

    試合の入りは、ねばりを見せたものの・・・
    徐々にバイエルンペース 失点を重ねていきます。

    2016-2-6-4.png
    それでもいつも諦めず足を止めないNatsukiの献身的プレー

    2016-2-6-5.png

    2016-2-6-6.png

    2016-2-6-7.png

    2016-2-6-8.png

    2016-2-6-9.png

    残念ながら、フジタ杯 1回戦敗退となりました。
    3年生は、これで公式戦は終了。大変厳しいシーズンでしたが
    最後まで諦めず戦った選手たち。
    先輩たちの背中は、後輩たちがちゃんと見逃さず、来シーズン、来々シーズンの
    戦いに反映してくれるものと信じています。


    スポンサーサイト
    タグ :

    ◆ 県リーグ 第7節 バイエルン戦 at 杉の泊

     2016-04-02
    2015年10月  ススキが揺れる 安芸太田町 杉の泊ホビーフィールドにて
    県リーグ 第7節 FCバイエルン 戦が行われました。

    これまでリーグ戦 0勝 この試合で何とか1勝あげ、入れ替え戦にわずかな望みを
    つなげたい試合

    選手は、今シーズン最高の粘り強く、貪欲なプレーで
    善戦してくれました。

    勝機は十分あったと感じましたが、神様の非情な裁断か?
    0-1で残念ながら惜しくも勝利を挙げることができませんでした。

    シーズン後半、チーム力は確実にアップしたことを実感できるゲームでした。

    2015-10-26-1.png

    2015-10-26-3.png

    2015-10-26-4.png

    2015-10-26-6.png

    2015-10-26-7.png

    2015-10-26-8.png

    2015-10-26-9.png

    タグ :

    ◆ 広島県女子高校サッカー選手権 観戦

     2015-11-02
    2015年11月4-5日の両日は、広島経済大学フットボールパークにて行われた
    広島県高校女子サッカー選手権、準決勝・決勝を観戦しました。

    4強に名を連ねたのは・・・・

    広島皆実、沼田、山陽、文教女子の4チーム

    各チームにマリットのOG、元選手が在籍しており
    そういった意味でも、大変楽しみにゲームを観戦させていただきました。

    OGの保護者の方も、多数応援に来られており
    和ましい雰囲気でゲーム観戦させていただきました。

    それぞれのゲーム、それぞれに見ごたえのある内容でした。
    どうしても、ディフェンディングチャンピオンの文教女子が
    優位な状況は否めなかったものの、スコア以上に、内容は他の3チームが
    頑張っていたように感じました。

    OGの面々も、各所で大活躍してくれてました!

    また、土曜日の 沼田 VS 山陽 戦、日曜日の 皆実 VS 沼田 戦は
    非常に拮抗した好ゲームでした。

    来年は、この場に今のマリットの3年生が何名姿を見せてくれるでしょうか?


    11月4日は、県リーグ最終戦でしたが・・・・
    マリットは棄権。全敗でBリーグに降格が確定しました。

    ここ数年、際どいところで何とかAリーグに踏み止まっていただけに残念な結果です。
    また、ここまで発足以来、Aリーグに昇格し、維持してこられた先輩たちには
    大変、申し訳ない気もちです。
    でも、現役の選手たちも頑張ってはくれたのですが・・・・

    ただ、今シーズンの県リーグ最終戦を、このような形で終了しなければなら無かった事が
    本当に残念でなりません・・・・
    タグ :

    ◆ 県リーグ VS ベラトリクス戦 

     2015-09-21
    2015年9月20日(日) 杉の泊ホビーフィールドにて
    県リーグ ベラトリクス戦が行われました。
    2015-9-20-1.png
    ここまで、県リーグ全敗の状況。
    のこりは3試合です。本ゲーム以降は、1戦も落とせない状況です。
    2015-9-20-2.png
    本日の対戦相手のベラトリクスは 9人の布陣
    数的に有利な状況ですので、確実に1勝を手にしたいところでしたが・・・・
    2015-9-20-4.png
    ふたを開けると、ゲームはベラトリクスが2点を先制
    2点ビハインドのなか、時間ばかりが過ぎていく・・・・・
    2015-9-20-7.png

    結局、無得点のまま、前半終了

    今日のゲームは、山中代表も遠路応援に駆け付けてくださり
    ハーフタイムには選手たちをげきれいしてくださいました。
    2015-9-20-5.png
    その代表の喚起が功を奏したのか
    後半は、マリットペースでゲームが進み、選手同士のコンビネーションも
    機能し始め、
    まずは1点挽回して、そして同点に!
    1点づつ積み重ねて行こう!と声をかけあう中、
    Natsukiのゴールで1点挽回、
    Mikiがドリブルで持ち込み相手DFをひきつけ
    絶妙なアシストでHinaが同点ゴール!
    2015-9-20-6.png
    2015-9-20-8.png
    2015-9-20-9.png
    2015-9-20-10.png

    よし、この勢いで逆転!と思った矢先に
    相手に隙をつかれて、またもや逆転を許すゴール
    2015-9-20-11.png

    万事休すか!と思った後半残り2分
    ゲーム終了間際で、Natsukiが、個で突破して、意地の同点ゴール!!
    2015-9-20-12.png

    なんとか、負けは免れましたが・・・・
    厳しいゲームでした。相手に数的有利な状況のなかで、
    通常より、ボールもよく回せる環境だっただけに・・・・・惜しい試合となりました。
    2015-9-20-14.png

    絶対的なポイントゲッターが相手にはいたものの、その選手をどう封じ込めれるか?
    この試合の教訓を残りの試合にどう生かせるかが 大事になってくると思います。

    そういった意味で、この試合の後に行われた
    文教高校 VS フジタレディース のゲーム。フジタは、文教相手に7人の布陣でしたが
    先制点を許したのちは、なかなか相手に点を与えない展開。
    たしかに7人という事もあり、超ディフェンシブなシフトではありましたが
    何を着実に守り、どこを捨てるか?
    ここは相手にやらしておいていいけど、ここは絶対に入れさせない。持たせない。といった
    チームの約束事を徹底して、各自の役割を責任をもって果たしていたと思います。

    今のマリットが学ばなければならない事が随所にみられた好ゲームではなかったでしょうか?

    あのような戦い方は、それなりの経験を重ねて行かないと出来ないかもしれませんが
    目を凝らせば、たくさん良い見本を先輩たちが示してくれています。

    相手に応じて、各自が絶対守らないといけない役割を認識し、確実に守っていく事が
    大事ではないかと感じた 今日のゲームでした。

    残り2試合、全勝しましょう!
    そのための準備をしっかり日々重ねていきましょう
    タグ :

    ◆ 広島県女子サッカー選手権(皇后杯県予選) 決勝 観戦!

     2015-09-18
    2015年9月13日(SUN) 沼田高校とのトレマッチ終了後
    広域公園補助グランドで行われた 広島県女子サッカー選手権(皇后杯県予選)の決勝、3位決定戦の
    観戦に足を運びました。

    3位 決定戦は フジタレディース VS 大河FC のカード

    両チームとも、広島女子サッカーを代表する社会人チーム。
    大変、大人なゲームぶり。
    ベテランの巧みなプレーを見せていただきました。
    結果は、大河さんが勝利。
    残念ながら、安佐中の上田先生は、素晴らしいシュートはミドルレンジから放ったのですが
    キーパーの好セーブに阻まれゴールならずで・・・負けちゃいました。


    決勝戦は 文教女子高校 VS 青崎Hanako Clover's

    青崎が、どこまで文教に食らいつくかが焦点でした。
    おなじU-15の青崎ですが、やっぱりすごいなって つくづく感じました。
    結果は、文教がやはりお姉様の貫録で、完封勝利したのですが
    青崎も、よくねばって 随所にいいプレー、いいチャレンジをしかけてました。

    今のマリット娘たちと同世代、ジュニアの時代から彼女たちのプレーは見てきてはいますが
    やはり、戸根さんのもとで、3年間鍛えられてプレーは、
    当時の彼女たちからの更なる成長ぶりをヒシヒシと感じました。

    また、文教も、志ある選手の集まりだけに、激しい競争があるのかなぁ
    求められるプレーも高いレベルで、変わりはいくらでもいるんだよ-って感じなのかな?
    Naoちゃん、Kannna。がんばだっ-っ。



    ゲーム後の閉会式で最後、大会優秀選手の発表が・・・・
    上田先生、選ばれとったね。すごい!!

    でも、フジタや大河のベテランの選手の方の、試合後のクールダウンや、
    なかには試合後にさらに外周をランニングされてる姿など
    長くプレーを続ける選手の陰ながらの努力や配慮を垣間見ました。

    若さにかまけて、そのあたりをおろそかにしてるマリット娘は、いつか怪我などのしっぺ返しがくるよ! 大先輩たちを見習いましょう!



    タグ :
    ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫